FC2ブログ

ENTRY LIST

2019
12/03

12月は師が走る


町の周辺の都市は何でもあり、格安に物が買える。平坦地に街が開け人々の賑わいを創出している。すでに街はクリスマスモードだった。私は静かな方がいいが、たまには華やかな町も好きです。


政府が空き地解消問題を解決へ議論が始まろうとしている。
高齢化と家庭の問題で、贈与税の懸念から、めんどくさい親からの相続しないままで、先祖の土地をそのままにしているケースが多いと言う。
政府の空き地対策は、相続税の引き下げと固定資産税の軽減/など、土地が活用できるような制度に変えると言う。
私は「土地登記」の厳しい事を上げたい。誰も相続なしに先祖からの土地をそのままにし、家督として残った者が税金を払い続ける。こんな事が40年以上も続いても、土地の法定相続人の権利は継続する。固定資産税を払い続けた者に、自然と土地の権利が移譲となる制度設計が必要と思う。

遊休農地が南三陸町でも拡大している。町起こし協力隊の活動の「ワイン生産」は、土地活用に繋がり、林業の管理は活動は、山が荒れる事を防ぎ、林業の発展と林材活用創出など、眠ってしまつている農林業の再生が期待さ


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:49 】

2019
12/02

充実した日曜日

貴重な日曜日、年末に向けての仕事を片付けた。
今週は石巻と気仙沼の大切な用事があり、三陸道の恩恵で時間を有効に使える。誰も来る事がない日曜、仕事がはかどる。
いつもの朝の日課の、3つの「SNS」を打ちこみ、朝食の準備。この日はカキとホタテと地元のもらい物野菜を入れ、「貝づくし鍋」をした。エアコンが機能せず「寒い寒い」と言う父に、暖かい「朝食」を与えた。エアコンは自分の「操作ミス」で、色々と注意を話し「さわるな!」と、耳の遠い父には厳しい言葉でないと、聴き訳がない。
7時30分からの番組、水木茂マンガ、サンデーモーニングと見る。ビデオでは「日曜討論」、今日からの国会の会議の与野党討論を取った。午後からは「そこまで言って委員会」もビデオに。こんな事を日曜日はする。


「さかなのみうら」から買った、大きな白焼きの穴子、私の得意料理の「穴子丼」を作った。大きな1500円の穴子、店頭にはなかなか出ない代物だ。骨も固くなく煮込んだ、その方法は「梅干し」をいれる事で、96歳の父も「美味しい」なんて言わずに「ペロリ」と食べてくれた。

191201_114335.jpg
我が家の冬の菜園
今は「ほうれん草」が6株ほど
深く植えすぎたのか
こうなるまで1か月も半かった
今夜は「フレッシュサラダ」で

合間に「福岡国際マラソン」と、今日の女子ゴルフ最終戦で、賞金女王争いを見た。私は「渋野派」で鈴木愛は今回はイイ。500万円差で鈴木が2年ぶりに、韓国勢を抑え女王になった。渋野にもチャンスはあったが、そんなに上手くゴルフは行く訳でも無く、最年少の賞金女王は来年? シンデラスマイルを今後も見てみたい。インタビューでは「オリンピックを目指し頑張りたい」と話す。

キュッシュレスでの「ポイント還元」の制度を考え、過剰なまでにカードを使った。「77ビザカード」の利用説明は「約7万」も来た。営業所の備品や、カバン購入があり、携帯電話使用料が毎月2万円で、キャッシュバックの感覚は無い、今月は現金で買い物をしたい。父の買い物も15000

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:26 】

2019
12/01

登米市南方で晩御飯


登米市の南方の中華家さん
格安で色々なメニューが豊富
店内は「日本語」「中国語」が飛び交う
八宝菜・海鮮チャーハン・
海鮮あんかけラーメン
締めて2450円
お腹いっぱいで カロリー取り過ぎ

191130_174729.jpg

191130_174957.jpg

食べる事は喜びであり、生きる楽しみ。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:58 】

2019
11/30

友の住む登米市

昨日は5件の用事を持って登米市に行く。国道45号を使い向かった。南三陸町の海岸線・折立地区の川沿いの災害復旧の、防潮堤・河川堤防の整備は今も建設が全力で、過強に向かっているようだ。登米市の津山町は、台風19号の傷跡が今も鮮明に残り、近道の山沿いの道路は通行止めとなっていた。


登米(とよま)に三陸道を使わずに
旧津山町の北上川沿いから向かう
道路沿いの「桜並木」が消えた
30年前には素晴らしい桜景色が
来町者を迎えた桜
歴史が一つ終わった寂しい限り
(とよま旧メイン道路)

登米(とよま)は、土地登記の件で行政書士に相談に行く。震災前から交流を深めていた友達に買い出しに、そのお母様が「大変でしょう」と、米の袋を持たせてくれた。甘い物や果物・飴など、旭ヶ丘の避難所に持ち込んだ。こんな事をあったなと振り返る。

191129_140714.jpg

登米市迫町の友達は加賀野地区に住んでいる。顔を出し近況を聴く。
南三陸町には母が健在で、時々に様子を見に買えると言う。登米市の移転も充実した生活をしている。加賀野には多くの南三陸町志津川の住民が再建の地として選んだ。志津川の人達の会を作り交流も盛んにしている。

写真は加賀野の近くにある「愛菜館」で地元の食材・野菜・花を販売し、今は新米が店頭に並んでいた。地域のスーパーであり「道の駅」の機能を有している感じだ。
私も「1700円」の買い物をした。野菜が主体で、目的のブロッコリー・カリフラワー・ネギ・サツマイモ・リンゴ・人参などを買った。スーパーよりは安く新鮮だ。
加我野までは、三陸道から北部道路の中間で下り中田経由で、30分足らずで着く。以前は50前後の道のり、南三陸町志津川は近くなった。戸倉からは45号を使っても同じ時間で、生協・南部屋敷、そして「愛菜館」に行け、志津川の友達とも容易に会える距離です。

災害公営住宅の高齢住民の嘆きは、歩けけ平らな道路の場所に、商店が欲しいと言う。病院の売店・コンビニは値段が高く、年金生活の高齢者は、外売の販売車が来た時、逃すと大変だと話す。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】

2019
11/29

ツイッター(SNS)

子供達への誘惑から、「誘拐」「監禁」へと魔の手が近づいていた。
スマホを持つ小学生の子供達の所有率が、25%だと言う。親が子供達の安全確認の為の買い与えのようだ。スマホの悪意を持った大人からの誘いには、無防備だし巧妙化した誘惑がある。
ツイッターによる南三陸町の発信を今続けている。私のツイッターにも「ラインで繋がりませんか!」と言う誘いがある。私はスマホを持っているが、ビデオの機能を使う事を目的で、他には万歩計として使っている。
「総理と桜を見る会」での、招待者のツイッター(SNS)が国会で、招待者の功労者などの国の為に功績があった方が対象なのに、自分の後演会の観光的な、政治活動の場として利用されていると、野党からの国会審議で証拠として突きつけられていた。


高台移転で野菜作りと、子供達の元気な声に包まれ、新しい環境をエンジョイしていた。
震災後初めての「お茶会」で、将来の事を話しあう機会となった。ゆったりとした時間が南三陸町の人達には必要だ。災害公営住宅の3寄りが高齢者で、65歳以上の方だと言う。20年後に平均寿命から考えても、人口減少は急激に進む。20年後は8900人まで人口動向の中に町はある。

CIMG0829.jpg

いま私も多くの政治に対する批判に、「いいね」を出すと、千葉は国政への反対者と言うレッテルを貼られる。ツイッターの「ホロー」は慎重になった。フェイスブックでは、多くの人達が現政権に異議を申し立てている。同感する所も多いが、その場で共に論議をする事をしない。

自分の意見が「一人歩き」する。今の立場で全て批判ではないが、他人の目は厳しいと思っている。

子供達よ、もっと世間の事を知るべきで、親子での会議(会話)が必要です。中高からの政治・国の事を少しは学ぶ事が必要な環境と、時代になっている。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】


 TOP