FC2ブログ

ENTRY LIST

2020
08/01

私たちの恵の海


朝6時の南三陸町の海水浴場
今年はコロナのせいで海では泳げなく
日中も静かな海岸です
人工の海水浴場で砂の流失を防ぐため
人工の岩礁で砂浜を守っています
自然の荒々しい南三陸海岸が私は好きです

DSC_0905.jpg
海洋の「マイクロプラスティク」の問題は、海の生物に大きな影響を与える。ペットボトルのキャップは波で粉々なり、消滅する事なく海を漂います。有料化された「レジ袋」は、クラゲを食べる「カメ」の餌として、消化されず胃袋に溜まり、「カメは万年」どころが、長寿の象徴の生きる環境を人類が脅かしいいます。カメがいったい人類に何をしたのでしょうか。幸せと長寿を運ぶ「亀」が何の悪い事をしたのでしょうか。悲しい!

DSC_0283.jpg
コロナ対策専門家会議から「分科会」に変わったが、経済研究家などが加わり日本の感染症対策に取り組み、その政策決定をする。

今朝は「朝まで生テレビ」を夜中に起き、与野党の議論と、政府の対策の是非について政治関係者・研究者が、政府のコロナ感染の対策の在り方と、進める政策の訳など、田原総一郎が議論の盛り上げ役として、政府の政策の疑問を突いた。自民党議員(ジミ?)のコロナ対策の医師経験者が、厚く政府の政策決定の内幕を説明と言い訳をしていた。

医療関係の尾身会長は、政府に強く感染症での拡大を危惧し、政策の再検討と政策の途中での中止を「分科会」に提言するも、感染者の拡大を防ぐ事の第一に、政府の経済を前に進めると言う内閣の意向に、寄り切られる分科会の専門家の発表となっている。
東京都医師会会長の強い政府への提言と、感染症措置法の法改正などを強く進言するも聴く耳を持たない、安倍政権は本当の独裁者と私の目には映る。
「議会制民主主義」を根元から否定する今の日本の政治姿勢は、米国と中国の自己本位の政治の強行にも、勝るとも劣らない政治が、日本で繰り替えされている。日本国民の姿勢も「経済の安定」があれば良いとの、利己主義の精神の進行は、会社の、日本の将来の発展に繋がるものかと良く考えて欲しい。

世界は大きな変換点に来ているのに、赤字国債の連発は、日本国債の価値の下落となっているのに、国民には見えない部分が多い。来年10月の「衆議院選挙」は、オリンピック開催の有無もどうなるか判らないままで、日本の政治はどうなるのか。






【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:17 】

2020
07/31

歩ける元気なうちに


昨日は外の志津川の状況と、空気を吸わせる為に「震災復興祈念公園」へ父を連れていった。駐車場の前で車から降ろし、防災庁舎が見える場所までは80m余り、しかし、25mも歩くと「疲れた」「もう歩けない」と、築山の石段の下で腰かけてしまった。私は6か月ふりの場所、現在の姿をブログで紹介する為に、父を置いて携帯で写真を撮りまくった。

DSC_0271.jpg

高齢となった南三陸町の住民の、この場所への関心は「薄い」と感じせずにはいられなかった。ここに「行きたいと思う」、何があるのだろうか。志津川まちづくり協議会の議論は、町の進める公園整備でしかないと、現状を見て再確認した。これが南三陸町の実態で、「観光主導の政治」だという事が解った。
「行きたくなる公園」「行きやすい公園」「わくわくいる公園」には程遠いと私の目には映った。30分余りの公園来場者は「10人余り」、平日ながら少なかった。9月の13日に広島から3人の、南三陸町に支援を続けている方達が、公園を見学に来る。当初は「12人」の予定ながら。コロナ感染拡大で来る事をやめた人が多かった。現状では当然の事だろう。「この素晴らしい海に触れたい」と3人の方が来てくれる。

DSC_0893.jpg
男の食卓
もやし半分・にんにくの芽7本
ウインナー3本をすき焼きのタレで
合え炒めてみました
ビールのお友にどうぞ
簡単料理です


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:05 】

2020
07/30

コロナ観戦拡大の予兆


遂に岩手県にも2人の感染者
大阪府の221人 地元宮城も4人
夜の街から家庭内感染が拡大
全国で「1264人」何処に行けばいいの

岩手県の盛岡と釜石から一人ずつの2人の感染が昨日速報で発表された。一人の男性は東京で友達と出掛け、3人で「キャンプ」をテントで発覚発覚して帰宅、発熱しPCR検査後の翌日感染発覚し陽性となった。全国でコロナ感染の拡大の中で、多くの国民が「gotoトラベル」で外出の動向が、国民の心をコロナ感染渦の気持ちを揺るがせた。宮城も濃厚接触者の検査後に感染が発表された。
DVC00003.jpg
今回は仙台市内の小学生が発症し、学校は5日間の休校になった。ここ5日間には「家族感染拡大」が見られ、「夜の街」の感染を追い抜く勢いだ。「偽陽性」が国内にたくさん存在し、「未知のウイルス」の本領が現れつつある。国民は浮かれていると更なる拡大は、社会の崩壊となり、家族の崩壊へと繋がって行く。

DVC00002.jpg
大阪府の感染は「221人」となり、陽性率は「10.0%」を越えた。大阪の拡大は独自のPCR検査体制で、多くの府民の抗体検査へと進んでいる。検査数が多い事で陽性者も多くなっているのが、その裏側にある。
東京都は陽性率が「6.5」で、緊急事態の解消時は「1%」で、陽性率の数字のアップで更なる「危険事態」を発表するとも言っていた。東京の検査体制は平日4000件で、祝日・祭日は検査機関が休みの為に「1000件に満たない」との状の為に、東京の人口を考えても、検査は濃厚接触と体調の悪化で、医師の診察後にPCRが実施される。しかし、実情は保健所に連絡しても、「最寄りの医師の診察を受けての紹介」や「まだ感染の悪化はない」など、電話対応に患者の危機感は伝わっていない。異常を伝え6日後の検査し陽性となり、入院・隔離・自宅待機など、病院体制の逼迫回避の政策に終始しいる。

DSC_0210.jpg
我が家の玄関は花盛りです。男だけの高齢世帯、汚い・臭い・明るくない等、何とかこうした雰囲気と環境を改善する為に、こつこつと見た目だけでも取り組んでいる。父も頑張り自宅前のゴミを片付けたりしてくれる。週末は父の部屋のこたつ掛け・敷布団を洗濯し綺麗にしたい。
このあいだ押入れを見たら、空になったティッシュボックスが、5箱重ねてあり他にも3箱見つけた。どんな行動なのか理解に苦しむ。父の見える所ばかりを片付けていたが、見えない部分の管理・監視も必要で、また一つ私の家庭の仕事増えた。







【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:08 】

2020
07/29

早期の対策で病を抑えられる


今日の生活習慣病の糖尿病などの「私との共生」は、大丈夫・インスリン注射は嫌だと、主治医の忠告を聞かず1年を伸び伸びとした事で、網膜剥離・血行障害となり、今後も「腎臓機能低下」「視力低下」など、日常生活の不安の中で、今後も病気と共に生きて行く。
診察と薬で、現在は月一回ながら「1万1千円」の出費となっている。この病に陥いらなければと後悔している。糖尿治療以外にも合併での病気の診療費も馬鹿にならない。免疫力の低下はばい菌の進入も抑えきれないでいる今の私の身体です。

アメリカでは現在は一日に6万~7万人の感染患者が出ている。当初ニューヨークの感染者が「一日1万人」に驚いていた頃があった。現在は世界で1500万人で、スペイン風邪の3千万人の感染に近づいてきた。
昨日の東京は「266人」で、日本全国で「981人」とコロナ陽性患者は、第二派で拡大の一途となっている。「GOTOトラベル」が感染拡大に拍車をかけ、日本特有の感染の状況となっている。コロナ感染症の抑制の世界の国々に学ぶ事をしない日本、今後どうなるかは「自己対策」でしかない。
「対岸の火事」の一日1万人感染も、現実の物として近づいている。この危機感を国民が共有し、政府の対策に依存しない、コロナ感染対策と終息への道を模索しないといけない。「オリンピック」「自己の保身」「指示拡大」など、目先の国難に真摯に向かわず、全てを手に入れようとの事では、この困難を早期に乗り越えるのは私は難しいと思っている。私は「静観」したいと思っている。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:06 】

2020
07/28

危機管理と対応処理


大震災後の7月に購入した機械が
もう一台にも故障が発生
気分転換に登米市のラーメン店に入り
晩御飯を済ませた
880円「味噌チャーシー」は美味かった

小さい会社ながら、会社や家庭でのトラブルは急に発生する。微かな予兆の中で、その発生時を想定し、対策を一つ・二つと構想し、何の問題が無いように進む。しかし、少しでも気を抜くと取り返しのつかない事になり、その処置にも時間とお金がかかる事を、私でも65歳になり会得した。

DSC_0231.jpg
昨日の東京都の感染者は「131人」だった。何故なら4日前は病院・保健所が休みで、検査量も「約900前後」で、この検査結果がこの数字です。平日の検査量は現在は「約4千件」と、陽性の発生率から考えても4倍しなり、「520人」の陽性者がでる事が予想される。小池知事も想定済みで、さほど陽性者の数字には驚いていない感じだ。
全国では541人の陽性で、議会人として議会での議員発症者は、大きな心配の一つだった。この心配が現実となった。福岡市議会で40代の議員が感染し、会派の議員20人がPCR検査をすると言う。この理由はコロナの拡大の中で、会派で食事をしたと言う。議会の停滞は市政が回らない事に繋がる。
私達の町の議会は現在の所、議員が一同に集まり、まして飲食などは決してしない。しかし、来月は県北議会の集まりが中新田である。結団式なので「ソーシャルディスタンス」を講じての集まりとなる。

昨日の宮城での陽性者は「5人」となり147人、感染拡大は宮城でも現実の事で、「対岸の火事」ではない。安倍さん、西村さんに全て任せての国会討論で良いのか。我が国の政治が心配だ。

弘田ミエコさん・山本カンサイさんが共に「73歳」で無くなった。私たちの時代の繁栄を築いた有名な大先輩が亡くなった。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:54 】


 TOP