FC2ブログ

ENTRY LIST

2018
10/18

もう既に佐藤町長の政治のツケが町民へ


現町政となり今年で17年目を迎えた。焼却場の建て替えはもう10年前にもなるが、こんな計画があった。現在の戸倉団地にあった「ゴルフ場跡地」で、当時50億の焼却場事業費があり、地域の自然環境への配慮で、銀ザケ・イヌワシ来年10月から国の消費税が「10%」となる。それと同時に南三陸町のゴミ袋が30円から「10円値上げ」される。現在町では「焼却炉」が無く、町のゴミの運搬費・償却費・焼却灰処理など、毎年数億の町の財源が使われている。ごみ収集やクリーンセンター管理も、管理委託制度で業者に委託し、町の財源を使っている。

現在は福島原発の放射能牧草が、大盤平地区(戸倉)への、土に埋め込む事業が戸倉水源地の影響を考え、町は事業の中止を決めた。事業の計画中止は今に始まった事ではなく、震災後の事業も二転・三転としての事業もあり、震災は初めての事業ばかりで、しょうがないとしても、これまでの政治の決断で多くの無駄を損失を招いている。八幡川の護岸周辺整備は、当初の約100億から1~2年の工事延長で、40億も多く国民の血税を要し、この中には町民の税金も使われている。
の養殖と生息地であり中止となった反面。「5千万円の金が流れた」との怪文書(チラシ)が回った。ダイオキシン問題も地域では不安から中止となった。
建設会社の土地の活用も裏があのそうで、反対の声が高まった。現在の黒崎の場所を使い建設を考えても良かったのではないだろうか。
(つづく)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】

2018
10/17

朝からプレゼント


南三陸町志津川地区の「牡蠣剥き」が始まった。
朝7時前に友だちが「ムール貝(ジェンテケッコ)」をバケツ一杯に持って来た。町のゴミ袋(大)に三分の一で、その処理を8時から始め。一時間かかった。茹で・剥きと一時間、貝には「ひげ」があり、これが牡蠣に張り付く。このひげが厄介者で一つひとつ取らないと、美味しさが半減する。
総てを剥いて丼いっぱいに剥き終えた。

CIMG3957.jpg
牡蠣剥きも始まり志津川湾にも冬が到来となり、その付属としてムール貝が上がる。作業が大変なので、牡蠣生産者は海へ捨てていると聞く。煮物・混ぜご飯など、他の食材の美味しさが増す。

ラムサール決定の志津川湾の、豊潤な海の恵みの一つです。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:33 】

2018
10/16

目標の達成への努力

181014_070404.jpg
今月は行事が少ないと思っていたが、学校や議会の行事や出張が沢山入って来た。議会の広報の仕事も予定通りとは行かず、心配の種がふえている。

今週末の土曜は志津川小学校の「学芸会」があり、日曜日には志津川中学校の「文化祭」が予定され、案内が届いている。22日は仙台で新人議員の研修会があり、25~26日は東京に「国会陳情」で出掛ける。
今月は議会の行事と会議が10日と、自宅での原稿作成が6日間、個人の用事も5日があった。個人の行動は「地区のゴミ分別説明会」が地区であり、環境対策課の職員が説明した。高齢化が4割に近づく町で、こんなきめ細やかな分ゴミ別ができるか私は疑問だ。仙台への出張は多くの情報を得る事ができた。
現在は町のゴミは気仙沼市の焼却場へ持ち込み焼却をしている。市では「ゴミ分別」はしていない。最低限での分別で、我が町が進めろ。「生ごみの分別」は無い。震災復興の途上で被災住民に手を煩わす事を回避している。町の過剰なまでの街の事業の拡大と、町民への活動の要求は、「酷」と思うが、今度は「ゴミ袋値上げ」へと町は踏み切る。

しょうがの枝も台風で倒れ、今年の役目を終えた。日曜日にも花芽を結んでいた。楽しい夏の野菜の栽培が終わり、これからは「ほうれん草」を植えようがと考える。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:47 】

2018
10/15

初まつたけ


立派なマツタケをいただいた。大島産で初めての大ぶりの物だった。。マツタケは焼きでビールと共に食した。太い物で香りと食感が最高だった。

昨日は我が菜園の後片付けと、日課のパソコンの向かい、南三陸町からの4つの発信をした。10時から開催された、「入谷ひころの里」の収穫祭があったものの、億劫さと人ごみに行く事が、その気になれずに午後を迎えた。この部分は後悔をしている。南三陸町入谷地区の農産品の紹介ができたのに、そのチャンスを自分の無精さが出てしまった。

CIMG3943.jpg

年末の「箱根学生駅伝」の残り10チームの予選会があった。10人の大学のチームタイム戦で、一人1秒・10秒と一人の頑張りが、最後までチームワークの醸成で箱根に出られる。名門の明治大学は昨年の予選に届かず、連続出場の機会を失った。チームのキャプテンはその時の無念の気持ちを、一年間の練習にぶつけ、死にもの狂い、自分の人生を賭けて取り組み、箱根の出場を勝ち取った。明治大学・山梨大など強行の予選からの本線出場の、本戦の結果が楽しみだ。
巨人のクライマックスの二戦目、菅野がノーヒットノーランでヤクルトに勝ち、広島との決戦へと進んだ。「高橋監督と一日でも長く試合がしたい!」と選手は言う。今年の巨人の敗戦の理由はと言うと、監督の選手起用もあるが、選手個々に熱気と闘争心に欠けていた気がする。9回に抑え投手の救援の失敗は、ファンに怒りを幾度となく植え付けた。しかし、根強いファンが多い。私もその一人であり、総ての昨日の菅野のピッチングと、長野・亀井・マギーのホームランを見届けた。パリーグは日ハムが勝ち、今日のソフクバンクとの最終戦となった。
ゴルフの男子は独走で日本人が勝利した。女子は成田が解説の樋口が「アンちゃん」と呼ぶ、韓国のアンソンジュの追撃をかわした。彼女の堅実な強靭な精神力も、やはり普通の人間でプレッシャーに敗れた。ゴルフを見ていると「やりたい!」との気持ちが高まるから不思議だ。ドライバーで150ヤードも飛ばないのに、テレビだと200ヤードは飛ばした気持ちになるから不思議だ。

震災から走り続け、午後の半日だけど、「こんなにのびりと時を過ごせる日」が来ることを予想はしていなかった。工場の再建、終の棲家と、営業所に町の震災からの復興の伝承の場整備、そして議員と私が考えた事を、着実に達成し邁進している。「何でも生きていれば、努力すれば実になるし、目標を持てば何なんとかなるものだ」、こんな気持ちを持ち生きている。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】

2018
10/14

自分なりの震災風化防止と慰霊


週一回の父の食材調達に、登米市のイオンに行った。
コーヒータイムはイオンのコーヒー店で、カップには「2011.3.11」の日付が印字されていた。こんな小さな所にも「東日本大震災を忘れないで!」とのメッセージがあった。私的には「チョット感動でした。」、時々日々に追われ忘れて、ふっと、あの風景とあの再建の歩みを思い出す。

「百均」で親戚への回忌法要の最後の親戚記念写真を撮った、それを入れる額縁を買った。あとは年末年始の会社の仕事の段取りで、喪中・年賀のデザイン集を買った。最後に父の食糧の買い出しだ。父の好きな物を始め、柿・ミカンなど、身体の維持と健康の食材を3500円程買った。父の冷蔵庫はこれでまた満杯になり、一週間の食事の心配を回避した。現在まで新米は3軒から頂いた。今年の新米は美味しいと感じる。父の役目のごはん炊きは、新米は水を少なくと指示し、最高の炊き上がりの米を食べている。おかずは何でも美味しい。

181013_072243.jpg
今日は沼田地区の一斉清掃が6時半から開催され、商工団地の会では50名以上が参加した。部落にたいした事はできないが、参加は最低限役の目と思っている。道端にはビールの空き缶が2本捨てられてあった。高速から町役場に繋がる道路で、こんな行動のできる人間が居るなんてあり得ない。
帰ってからは今年の我が菜園の片付けをした。「一年間御苦労様!」の感謝を込め、来年は何を育てようか考える。

181013_072211.jpg
先週の多忙は「半端なく!」。会議・研修会・仙台出張があり、原稿の提出の時間を作り、5時起きの朝仕事で何とか終わらせた。
従業員に助けられ、心のコントロールに気を配り、体調の管理に気を付けている。土曜日の月一回の病院へ。血糖値「140」とヘモグロビン「7.5」と、0.1ずつ毎月上昇を主治医に注意された。体重も一年前より3K増えている事を指摘された。肺のレントゲンも気になる所があると、次回にもう一回撮影わ指示された。先生への感謝の気持ちとして受け入れる。
病院は「6500円」と薬は「4000円」で、医療費は月に1万円かかり、身体を維持して行くにはしょうがない。国民健康保険料は年間50万円もしかたがない。我が家では日本の皆保険の制度に助けられている。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:06 】


 TOP