ENTRY LIST

2017
09/20

こんなに多忙でよいのだろうか


昨日は先輩の自宅での焼香の受け付けで、普段話す事の無い多くの人達と会話ができた。震災からの個々の生活に「寂しさ」を感じた。
別の方は10時からの葬儀の自宅からの葬列は、荒町地区に続く風習として、残すべき姿と思った。孫の祖父への「送る言葉」では、参列者の涙を誘った。小さい頃に祖父から教えてもらった多くの事に、「孫返し」しないままで亡くなった事を悔やむ。なんて優しい孫の成長は、祖父の普段の生活に教育があった。
現代は子供達も孫たちも、「自分で育った」かのような考えが、広く世間に蔓延している。こうした親から親へ「教え」が繋がる事で、これまで日本が地域が成り立ってきたと私は思っている。
先月の議会広報を参考にして、「陳情書」を議会に昨日多忙の中で提出をした。内容は「町内の事業所で出来る業務発注は町内事業所へ!」です。現在は議会中で来月には議員の改選がある。議会に混乱は求めておらず、一端議会事務局で預かると言う。今後どうなるか、どうしていくか推移を見て行きたい。

昨夜は知人が「会わせたい人が居る」と8時過ぎに来社した。多くの政治家のスキャンダルを暴き、政治家の乱行をあからさまにした。私にどんな事を求めて来たかは、ここでは言わないで置く。帰ったのは11時近くで、勉強になる議論となった。豊田議員の記者会見の、記者がやり取りで執拗に質問していた、誌記者のやり取りを不快に思ったのは私だけでない。まるで犯罪者扱いは行き過ぎの感が強い。
彼は町の復興や将来の事を語っていた。誰かが「義」を貫き、以前の繋がりのあり、町民輝く町にしたいと言う。多くの情報を聴くと、町の復興とこれまでの事業に多くの疑問が拡大した。「議会議員の若き後継者がいる」「林地区に慰霊碑が建てられた」「行政の不適切な海外外遊」など、知らない事を次々と語られた。震災から6年、南三陸町に住所を移し活動をしていると言う。町には大きな夢を持ち町に移り住む人が居る。この人はそんな皆さんとは一風違った町との関わりを持っていた。

今日は6時からお通夜で、友達の奥さんと別の家に焼香を付き合う。午後にはもう一軒の焼香を済ませたい。今日は「友引」ながら、私には何も関係がない。今日しかない逝去から葬儀の流れがある。午前には役場に用事がある。
友達の不幸の場合は「一緒に焼香する」が通例ながら、仲間達も町内での大事な立場にあり、なかなか皆が一緒とはいかないようだ。

昨日は「父の風邪」との診察を受け、病院にも同行した。今回の逝去の連鎖で亡くなっている方は95歳・90歳・87歳・95歳と高齢者が多い。こうした方々が志津川町を創って基礎を築いた。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:31 】

2017
09/19

荒町は悲しみの中に


私の群馬から志津川に住み、大恩人の10歳年上の先輩がいる、そのお母様が亡くなられた。昨日の午後の火葬は、台風の荒天から一気に大晴天となった。
大震災後に私は戸倉地区の荒町に「臨時営業所」を開設し、それを快く承諾してくれた先輩とお母さんだった。「ガンバライよ!」と私に笑顔でいつも言葉を送ってくれたお母さん。震災から3年間お世話になり、その御蔭で今の会社があると言っても多言ではない。
荒町では17・18日と3人のご近所さんが、天命を全うして天国へ召された。荒町の電気会社の御婆さんは私が御世話になった先代社長さんの母であり、いっぱい遊んでもらい、仕事でも私の会社がこれまであるのも、先代社長があっての事だと思っている。また、私の同級生の奥様の父も逝去された。荒町の友達が私の支援で動き、廻った所がたまたま同級生の奥様の嫁いだ実家だった。「ガンバライよ!」とここでも声を掛けられた。
昨日の朝は商工団地内の自宅の隣の、水産加工会社の一個年上の社長のお母さんも亡くなった。震災前から良く知るお母さんで、父に話すと「会いたかったなー!」と寂しそうに話していた。こんなに身近な人達の御両親が一気に亡くなる事は今までは無く。我が家も父の余生を考え、生きたいように見守ろうと決意を新たにした。

志津川町内の国道は台風の影響でまた通行止めとなった。それでなくても復興工事の為に道路が次々と町中のルートが変わる。旧南三陸警察署の前の道路に当たる写真の場所は、震災後もたびたび通行止めと大雨の時にはなった。水尻川の排水量を超えると道路に雨水が逆流する。現在写真の右側に「新国道45号」が10m近い嵩上げされ工事が進む。あと半年で完成するだろう。八幡川に架かる橋の完成で、南三陸町志津川市街も整備が一気に進む事となる。

170918_132542.jpg

「安倍の、安倍による、安倍の為の解散!」が
来週には発令される。豊田議員が不祥事の記者会見を昨日おこなった。「埼玉にパワハラ議員はいらない!」と事務所前で女性達が声を上げる。埼玉の…区からの出場ながら、自民の公認は無く、別の自民候補が立つ中で当選は難しいだろう。一つの一時の異常な状態の中の発言でも、その一言で自分の人生は変わる。又、不倫・W不倫でも同じで、少しの気の緩みで自分の議員人生が終わる。そうなる前に知人・友人の指摘や言葉で、人生の危機から回避できるし、普段の行いで自然と大問題の発生を回避出来ている。私の人生でもそんな「戒めの事件」が何回かあり、問題に事件にならなくてすんでいる。

今日は10時の葬儀と、午後からは先輩の家で受付をする。同じ地区の親戚の火葬だと言う。こんな事があるんだ。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:25 】

2017
09/18

これからの日本を背負う子供たちの為に

臨時国会開催の9月28日の冒頭に、安倍総理が「伝家の宝刀」の解散を決定するようだ。誰の為の解散かと言うと、加計学園問題の追及阻止の「自己保身」と、民進党のゴタゴタの中で「今がチャンス!」と言う解散。野党は「仕事人内閣」と命名し、まだ2か月余りの中で、働き方改革など何もしないでの解散だと言い、北朝鮮のミサイルの脅威があるのに、今後も続く北の行動に今なら選挙ヴできるとの、安倍総理の決定は、自分の事しか考えてない行動だ。
「都民ファースト」の小池新党の国政への準備が整わない内に、選挙をすると言う党利党略がある。若狭代表の昨日の萩生田副幹事長との議論があった。小池新党は「お金の掛けない選挙」と若狭氏は言うも、萩生田氏の「若狭議員は自民党公認として、補選で当選し、比例区の2回の自民から選挙では、多くの選挙資金が党から出ている。」の発言があり、何も反論は出来なかった。民進党の離党者と若狭氏での新党では国民の指示を得るのは厳しい。小池氏の「国政への進出は考えていない」との発言もあり、都知事になりまだ1年前後なのに、もっと都政に取り組むべきだと思う。
10月22日の投票だとすると、宮城県知事・町の町長選があり、これが無競争の公算が強く、議会議員も未だに選挙になるかは見えてこない。衆院選があるとしても、5区は民進党の安住氏で、6区は自民の小野寺防衛大臣で決定だろう。

今回の議論は自民の「安保法制」での選挙と、「消費税10%」と「加計学園問題」で野党は、こんな争点で選挙となるのだろう。加計・森友学園などの、「お友達政治」の「官僚の自民擁護」など、安倍総理の悪の部分の追及を排除しての選挙は無い。それで「社会保障」の国民生活の根幹に切り込んで欲しい。
一人の国民として、議員主導ではなく、民主主義の正道に帰り、国民主導の政治に戻ってもらいたい。

IMG_5044.jpg
9月14日の宵宮祭から始まった「上山八幡宮」の秋まつりが3日間開催され、17日(日)の日曜は「稚児祈祷」が午前10時から開催され、家族連れの来年1年入学の子供達が、綺麗に着飾り嬉しい子供達の笑顔が満開だった。祖父母も孫の祝いの節目に家族の祝い事を、レンズを透して参加してきた。この町の将来の安泰を私もレンズごしに願った。

IMG_5002.jpg
今以上に恋愛と結婚に積極的に取り組んで!
私の先輩は家業よりも「結婚」を取り、相手探しに南三陸町を離れ、現在は幸せに仙台で暮しています。しかし、自分の住んだ志津川には帰れないし、続いていた家業も終わりました。
これから生まれ変わる町づくりと、新しい家族と共に「新生南三陸町」の再生の一員として、この町で家族を創り生き続けて行きましょう。
写真のような微笑ましい姿を自分の物にする為にも、今の皮を剥がして相手の胸に想いっきりダイブする事が必要です。互いに相手の事を思い、共に支え合い「人」となりましょう。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:13 】

2017
09/17

政治は個人の為のものではないのに

政治家・官僚の行動・発言にうんざりの時代となった。
自民の二期生の発言と、政治家と秘書の当選する為なら…何でもする、など、人を人とも思わない物として利用するかのような事件が、次から次と起こっても同等の事が続いた時期から、落ち着いて来たのに。
今日のニュースで驚かされた。世界の会議や外交で政府専用機で飛び回っていたのに、公明党の山口代表との18日の会議に於いて、28日の臨時国会の席上で「解散も排除しない」と言う発言をした。22日の衆院補選を後にとも言い、その結果で解散をすると言うのか。自分の都合と政権を獲得する為に時期を、自分の為に設定する。それは自民党の為だろうが、決して国民の為の行動ではない。国民は怒るべき思うが、優しい国民は平和ぼけしてはいないだろうか。
民進党のゴタゴタで支持率が自民党が少し上がり、加計学園問題の収束と信任を獲得するための政治戦略に走っている。北朝鮮からのミサイル発射問題がある。私も決してグアム島にもアメリカ・日本にも発射しないだろうが、政府の対応は堅実が必要なのに、総理も私のような凡人の考えで、そうでなければこの時期の解散はあり得ない。
我が町も国政も、本当に似てると今の政局をみると思い、こんなにもやる事が同じだ。これまでも政治はこんなものだっただろうか。

170916_141257.jpg
台風18号が巨大な勢力を維持し北上している。大きな被害情報はまだないが、960HP前後のパワーを維持し、最大風速45mの予想も出されている。
そんな中で今日の午前10時から上山八幡宮で、来年入学する小学1年生の「稚児祈祷」が、震災途上の迷路の道を、上の山へ若い家族連れが向かっていた。

昨日は上得意の入谷の及川魚屋さんに、父の希望の「ヒラメと刺身」と、自分の好む「カツオのたたき」を買いに行った。店の川向には入谷地区の八幡神社の一本松の小さな広場があり、そこでは神社の神事や打ちばやしの踊りの奉納が行われる。日時は判らないが大のぼりも立てられ、その前の水田には今年の日照不足の中でも、黄金色の稲穂が一面に生い茂っていた。今年もきっと豊作だろう。

IMG_5081.jpg
町の地区配布物に入谷地区の若者達と子供が映るチラシがあった。花見山構想が入谷地区にあり、入谷「ひころの里」の裏のババ山の斜面に、桜や各種春花木で山を色どろうと言う、「桃源郷構想」が入谷グリーンツーリズムの活動で進められていて、チラシ「花見山ランドがオープン!」もその一つの活動と思う。「入谷の田んぼに、みんなの遊び場」と記されてある。
入谷地区に暮らしを希望する被災者はない。と首長が震災後に言っていた。人口減少が進む南三陸町の中で、人口が増えているのは入谷地区だけである。またの想定外の町の姿がある。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】

2017
09/16

今昔ものがたり

土曜日の朝4時半からNHKの「落語」があり、大好きな落語なから、いつもは朝寝ぼけぎみで見てしまう。今日は内容に引かれ全て聞いた。
設定は40代のバツイチ独身の男性が買い物に行くところから始まる。商店街の店主の地元民を気にかけ、心配しなから噂をすると言う話だった。奥さんと別れ一人で暮らす40代の男性が買い物に商店街に来る。肉屋の店主は、料理もした事の無い彼が「ひき肉300グラム」を買いに来た。料理なんかした事の無い彼の行動を心配し、根掘り葉掘りと会話から始まる。「一人暮らし自殺はしないか?」など拡大した考えが落語だからだ。肉屋の主人は近所の商店街に噂を流す。次に八百屋さんで、玉ねぎ・人参・ブロッコリー・にんにくを買う。店主は小さい時から彼の「人参が嫌い!」を知っていた。「人参を使って自殺?」を言う、落語である。次にスーパーへ、女主人に「デミグラスソース」を注文する。店員に店主は「オーナー」と言わせるやり取りが、言葉だけでもその風景が頭に浮かぶ。商店街では「何で彼が買い物をしたか」と噂が広がる。
家には別れた奥さんが「ハンバーグ」を作ってくれていると言う。人参も甘く煮て付け合わせにした。判れた妻が何でと考え、別れた当時を思い起こす。「少しの歯車のずれ!」と別れた彼女に言う。彼女は最後に何か作って食べさせたかったと話す。「今度再婚する。」と彼に彼女は一言、話す。そんなやり取りを商店街の御主人たちが玄関で心配しなから「聞き耳」を立てていた。そんな落語で、40代の彼は最後に「人参って美味しいんだね!」との落ちで終わった。30分の時間ながら興味を引く、面白い上手な落語家の話しはアッと言う間に終わった。
商店街と地域民との係わりと、共に地域を支えて成り立った地域の商店街の姿を表現していた。昔の志津川には地域ごとに、そんな商店街の出来事があった。地域コミニティーは崩壊し、町づくりも「職住分離」で、そんな住民と商店主の繋がりは我が町では消えうせつつある。観光客のための商店形成は、町民の為の商店では無くなった気がする。朝からそんな町の震災での変化を痛感した。

CIMG6113.jpg
朝5時から山で「ススキとハギ」を摘んで慰霊塔に手向けた。震災で亡くなられた人たちと、祖母・叔母・母に秋を捧げた。これから季節の花を供えようと思う。志津川の地に自然に生える草花の方が、千葉家の女性達には会うし、理不尽な自然災害での死に、町に生まれた一人としてこれからも生きている限り、大震災で亡くなった人達を慰霊し、千葉家の先祖への感謝を慰霊塔に捧げたい。

CIMG6155.jpg
もう一つの発見は、入谷の「すがわらそば」さんが、会社の営業所の少し前に建設中だ。以前は志津川の一番の交差点にあった「せっ港庵」の先代の、娘さんの子供?に当たる方が、志津川の中心に近い場所で、そば屋さんを引き継いだ。後継者の存在はこんな素晴らしい未来が待っていた。子供の居ない事の寂しさを私は再確認した。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:58 】


 TOP