ENTRY LIST

2018
02/18

死にそうだ!


朝、ブログを書き込んでいると、父が事務所にやった来た。
「おかしい」「グわい悪い」「死にそうだ」と、言う。
脈拍が毎日測定している「60」より、「72」と高いと話す。

今日はちょうど「佐藤徹内科」が日曜当番と言う事で、病院に連れて行った。何でも相談しやすい先生で、診察では「今直ぐにどうこうという事はありませんね。」と優しく話してくれた。ありがとうござます。

明日から入院させたいと私が言う。と、「ベットがあれば入院できます。」とアドバイスも頂いた。叔母にもアドバイスを頂き、明日は病院に相談に行く事とした。

今朝は、地区の「集会所清掃」の当番に、私が班長をする地区で4人が集まってくれた。12人の内で私を含め5人が集まり、8時から30分活動をした。

その後の「我が家に発生した事件」だった。老々介護はそこまで来ている。朝のNHKで母と息子の生活を紹介していた。親を看る息子は、認知症の母を介護する為に、職を変え、現在は夜間の個人タクシーをしている。合間に「短歌」を趣味とし、短歌の新人賞に輝いた。老々介護の生活を歌に詠み、母との生活やお客さんの会話など、介護の中での言や、都会の風景を詠んでいるという。
そんな中で「母の笑顔に救われ、幸せを感じる」と言う。道路に咲く花に綺麗と言う母に、興味を示した花を買おうと二人で花屋に行く。「何がイイ?」と母に聞くと、「お前の好きな物でいいよ。」と言う。何気ない親子の会話がそこあった。

認知になり、鏡に映る自分に頭を下げ、手を振る母、トイレは何処にあるの、トイレから帰れないなど、親子の生活は大変と見る側には感じるが、息子さんは「そんな母の日々の変わる姿に救われる」と話す。
夜間の個人タクシー勤務は、母をトイレに行かせ、それから寝付かせ仕事に行く毎日という。仕事が出来る時間が減っているのは、母の状況が日に日に大変になっていることを意味する。決して愚痴る事ない姿に私も学ぶべき事が沢山あった。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:31 】

2018
02/17

佐川国税庁長官、羽生に学べ


フィギャーの「ショート」が昨日スタートした。
多くの不安と期待の国民の気持ちをよそに、羽生は凄かった。負傷後にベールに包まれた彼の再起の、中継に、国民は目と気を奪われた。
今日の「フリー」は気持ちよく滑って欲しい。それがきっと大きな結果に(結ぶ)繋がるはずです。
宇野選手の羽生の影に隠れた、精神力の演技も凄かった。がんばれ日本!

缶コーヒーをマグカップに一割入れ、そこに牛乳を一本入れ、レンジで「チン」してモーニングコーヒーを頂く、朝の目覚めの一杯で、私の一日の始まりの「ルーティーン」です。

昨日は月一回の徹先生に薬と血糖値の検査に行った。ヘモグロビンは「7.5」で血糖値は「195」だった。血糖は朝食を食べた数値で、ヘモグロビンが半年前より「1」上がった。
食事を聞かれ間食を指摘された。「落花生大好き!」の私、シーズン(旬)の終わりを前に毎日楽しんでいる。先生は言う「カロリー高いんだから。」「燃やすとボツと燃えるでしょう。」と、カロリーが高い事を説明してくれた。
「これから努力する。」は生活習慣病の予備軍に見られる特徴です。「今から直ぐに取り組む!」を実行して下さい。

180217_063857.jpg
「憲法改正」への安倍総理の意欲は決して消えそうもない。三分の二の圧倒与党は、改正議案の投票となれば国会は通るだろう。その後の「国民投票」は何とも言えない。しかし、580億円の経費が国民投票で掛る。被災地の生活困窮者や生活保護者の増加があるのに、何て幸せボケしている国政と私は感じる。北朝鮮の核・ミサイル攻撃を過剰に煽る言葉と行動をとる総理、日本の総理に相応しい人材かというと違う気がする。強者を嫌う弱い人間だから「ギャアギャア」言っているのと自分でも解っているが、何か言わないと居られない。

羽生君のような人間がいて、佐川国税長官のように政府に媚びる官僚がいる。これでバランスがとれているかも知れない。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】

2018
02/16

南三陸町入谷地区の美味しい牛肉


友達が友人の牛肉生産者の育てた、美味しい「自慢の獣肉」を売りに来てくれた。ヒレ肉を三枚で、なんと「3500円」とあり得ない、国産牛の値段でした。昨日の晩御飯は勿論、ヒレステーキでした。

南三陸町の特産品に「仙台牛」があります。
震災の混乱で酪農を厳しい生産環境の中で頑張っています。放射能の「セシュ―ム」の飛散により、牛の飼料が汚染され牛の飼育にご苦労されたと聞きます。現在を汚染された稲わらは「トン袋」に詰められ保管しています。敷地に厳重に保管された汚染部の管理にも、100近い数に大変と聴きます。
宮城県の汚染藁は「焼却」の方針で県は進んでいますが、農家は焼却により更なる放射能の飛散を懸念し、「風評被害」の再燃に恐怖を抱いて行います。以前にも書きましたが、南三陸町の方針は「大盤平」への埋設と、酪農家の方々には報告したと、先輩の酪農家は話していました。
牛の排泄物の再利用にも苦慮しています。震災での田畑の圃場は、国県の震災復興事業として多額の資金が使われています。そんな中で、酪農家の排泄物の処理は堆肥として田畑に撒かれています。こないだの住民懇談会で、我が町の実態は「他の地区から堆肥を持ってくる・」と言う話に、「何で?」と疑問が起こるのは当然です。JA南三陸の事業かも知れませんが、行政が酪農家の言を考えれば、農協に働き掛けるのは当然と私は思います。

180215_183503.jpg
良質の岩塩と粗挽きコショウを肉にすりこみ、少しの油で両面を焼き、仕上げはバターと醤油で「焦がしバター」に仕上げました。頭で描く仕上がりとは多少違いましたが、肉が良いので美味しく頂きました。

南三陸町は水産品ばかりではなく、仙台牛の故郷でもあります。南三陸町の皆さんにも高級牛「仙台牛」を、たまには地元の皆様にもご賞味いただきたい。大好きな番組の「グルナイごちバトル」でも、一皿「9千円」前後の牛肉料理がでます。そのイメージの仙台牛のフィレ肉、豪華食材に舌鼓をした。道の駅ができたら週一回でも、「特価販売」があると住民も、町の特産品を味わえるのだが、今のままでの商店街の「南三陸道の駅」には、最後まで反対をしていきたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:37 】

2018
02/15

なんだり、かんだり。「3」


昨日の議会広報委員会の視察は、埼玉県の小川町で、町村の「議会広報コンクール」で全国の5位となった。

朝8時に町を出発し利府駅へ、利府~仙台駅そこから新幹線で「大宮」まで行き、川越線で川越へ、その後は東武東上線で目的地「小川町」まで、午後1時30分着、5時間半の列車を乗り継いでの到着だった。
田舎の志津川しか知らない、電車の利用もままならない私に取っては、不安と緊張の大変な旅だった。

小川町は30500人の人口で、13000世帯の町で人口減少が続いている。議会議員数は「16人」で、人口は倍なのに議員は我が町の12500人と同じだった。やはり議員数は今の時代多すぎる。

ここには南三陸町歌津出身の親を持つ、若き議員が活躍していた。南三陸町三浦議長の同級生と言う。ら本は広くて狭いる。

180214_181451.jpg
帰り途中の川越線の列車の中では、8割の乗客がスマホを手に、色々な事をしているようだった。老いも若きも皆がスマートフォン依存の状態に驚かされた。それは列車の中も待合室も同じだった。

昨日の帰りは午後8時で、「無事に家に帰れた!」と安堵し、事務局員にご苦労さんを告げた。今日は朝6時出発の仙台の予定です。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:11 】

2018
02/14

なんだり、かんだり。「2」


一昨日の晩御飯前の「晩酌」のつまみは、南三陸で水揚げされた「めがぶ」です。翌日の血糖値は「110」と最適の数字が出た。生活習慣病には「南三陸産ワカメ」が効くみたいです。天然のサプリメントなのかも知れない。

昨日も「死亡の告知」のチラシが入った。志津川の細浦地区の大森さんで、昔、若かりし頃に私の酔っ払いの悪ふざけで、パンチを一発貰った方だった。私より4歳位は上だろうか。震災後も「銀サケ養殖」を何も無くなってから再度スタートさせた。こんな水産業への貪欲な取り組みと、活力と迫力に学ぶべき事が多い。御冥福を祈ります。

私の同級生が新たな人生のスタートを切る。素晴らしい。還暦を過ぎても生き生きと、決して年を感じさせない行動がある。今も仕事と親孝行に一生縣命な姿に、私もとの気持ちが増す。

昨日は仕事に朝から晩まで忙しかった。初めは「大変だ、どうしよう!」と、悩んでいたが、やれば出来ると感じた。何でも「やる前に諦めたら駄目!」。機械のトラブルも重なったものの、学習力と挑戦が解決に導いてくれた。

今日は「議会広報委員会」で、埼玉県の小川町に調査で出掛ける。日帰りのハードスケジュールながら、何とか仕事と段取りを付け、今朝を迎えた。「たまにはブログ休んだら!」の忠告も、自分の取り組みを貫いた。どんなプラスになるのかと言うと、「自分の生きている実感」を、自分自身で創っている。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:56 】


 TOP