FC2ブログ

ENTRY LIST

2019
08/23

焼肉はいつ食べたかなー


今年の我が菜園の最後の楽しみ
枝豆(黒豆)の鞘がたわわになりました
実は薄い物もありますが
収穫時期は何時頃ですか
葉っぱは青々と繁茂し
下の方が黄色くなってからにします

「みようがも6個くらい出てきたよ」と言うが、私には葉・茎の間で良くわからない。今日は朝から雨模様で、明日明後日は天気も良いので、収穫を楽しみにしている。

190822_083552.jpg
28日は石巻日赤で、胃カメラの結果が出る。陰性なら「胃がん」? 結果が判るまで「いやだんなー」。
処方された薬で胃の調子は良いが、近ごろ少し胃が弱っているようだ。食欲も落ち晩御飯の「米」を5日も食べていなく、ビールで代用としている。

今日も女川町の「管理委託による病院経営」を視察に行ってくる。赤字続きの南三陸病院の対策としての調査である。なかなか難しい問題である。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:28 】

2019
08/22

菜園の収穫が綺麗に



昨日は突然の携帯が鳴った。登録していない電話番号で、東京で母が看護婦をしていた「石母田医院」で働いていた頃の、昔の同僚だと言う方の孫さんからだった。
「祖母の事を知りたい」と、家族のルーツを調べたいようだった。祖母の遺品に働いていた仲間の「記念写真」に、千葉宮子さんの17歳の頃と言う写真があったと言う。是非送って欲しいとお願いし、快く送ってくれると言う。
お返しに私は登米市の叔母の義理の姉から情報を聴き、彼女に伝えたいと思っている。こないだ同僚の看護婦の一人が亡くなった。96歳で、私の母は「93歳」で亡くなり、もう一人の菊池さんの消息は分からない。
東京の石母田医院へは登米市の、米谷・浅水・米山など、この地から登米出身の先生と共に東京へ働きに行き、東京空襲で焼け出され、その後、旧志津川町で開業したが、昭和35年の5月の「チリ津波」で、医院は再度被災し、看護師仲間は地元で結婚し、志津川で生活していた。
母のルーツにまた触れるとは思ってもいなかった。

190817_094728.jpg
また、友だちに助けられた。
震災前から、震災後に再建で来たのは、多くの以前からの仲間友だちと、震災後に出逢い御付き合いさせてもらっている人達に、思い起こすたびに感謝の気持ちでいっぱいだ。

今日は忙しい中で、健康第一の行動をとる。私がこうして楽しく生き仕事をしているのは、周囲の気遣いと、震災後に自分の命は自分で守る「自助」の精神が、日に日に強くなっているせいだ。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:23 】

2019
08/21

昨日の出来事


もっともっと志津川の被災地を
向日葵でいっぱいにしたい
だって何もないんだもの
(旧志津川町字本浜町)

190820_130456.jpg
昨日は女川町にある「女川原子力発電所」の視察に議会で行ってきました。
再稼働に向け「地震・津波対策」の工事中で、原子力委員会の指導の元に大工事が進んでいた。防潮堤は29mで、事故発生時の自家電源の整備や、事故発生時の環境の整備が続き、火災発生の防火帯は周囲に整備が終わっていた。
事故発生の「シュミレーション室」での職員の対応訓練が、常に行われている。電源の停止での原子炉の高温になる事による対策で、原子炉への海水による冷却体制は、自家発電の電力の回復による、迅速な原子炉管理システムの、幾度となく訓練が繰り返されると言う。
自然エネレギーの「太陽光」「風力」があり、その他にも「水力」「火力」等の発電があるが、大企業の工場への安定した電力供給は、安定的に電力として原子力発電は欠かせないと言う。
女川原発第3建屋の視察は、室入者の監視体制は、空港登場のチェック体制を遥かに超えていた。建屋の管理・監視体制は究極に近かった。原子炉の安全の管理は何処まで出来るかとの不安は、少しは職員の説明で改善された気がする。多くの皆さんに原発の視察による、安全性を見ずにして「反対」「賛成」を言うのは軽はずみとも感じる。

190820_124549.jpg
女川原発では地元の人達も多く働いていた。ガイドの女性は女川出身で、女川商店に回って下さい。駅前の整備と住民の居住地の整備状況も視察して下さいと言う。
「PRセンター」でのお昼弁当は、女川の食材を全て盛り込んだ、豪華弁当だった。議会での支払いと言う。決して「原発稼働に賛成を!」と言う事ではなく。安全対策と安定電源の必要性を訴えていた。

帰ってからの会議では、「防潮堤整備とサケの遡上の問題」について話しあわれた。因果関係の明確な物は無く、世界的な異常気象と海洋環境の変化もある。だが何とかしてサケの回遊帰還に取り組まなければいけないと、議員からの声が多かった気がする。




【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:50 】

2019
08/20

楽しく生きられる仕掛け


今年初挑戦した「緑のカーテン」だけど、それ以外にも収穫がある。昨日は1本だけの収穫となったキューリ、夜のサラダの主役にした。
カットキャベツを敷き、その上にキューリと、一週間近く冷蔵庫に眠っていた「イカフライ」と「牛タンつくね」を載せた。ビールのお友に最高でした。本物の獲り立ての野菜は美味しいのです。
あんなに大きくたわわに、つたと葉っぱを伸ばした「ゴーヤ」と「キュウリ」、収穫は一本だけ、それでも楽しく期待に満ち溢れた2か月だった。

190819_131614.jpg
南三陸町の志津川市街田の換地場所「本浜町200-2番地」に、今年植えた3種のヒマワリは、今、二段階の「はるかのヒマワリ」が咲いている。大きな花の輪が私を見ているようだ「頑張りなさい」と。
現在、最後のヒマワリ「ひめ向日葵?」が大きく葉っぱを伸ばしている。その周囲も同じ物ながら、その違いは何故か不思議だ。
どんな花が咲くのだろうか。天気が今週は心配だ。

190814_120729.jpg
リビングに「紫陽花」が今も咲いている。食事もたわいもない料理でも美味しくなるから不思議である。

今日は女川町の原子力発電所の調査があり、どんな話になるのだろうか。皆さんは原発の存続派、それとも自然エネルギーの活用派ですか。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:42 】

2019
08/19

あおり運転犯人逮捕


にし日よけにゴーヤを植え
緑のカーテンで終わるのかと思っていた
昨日 小さなゴーヤを見つけた
嬉しい 食べるぞ


昨日、「あおり運転」の容疑者が確保された。周囲は「おとなしい人間」と言う。女性がいると心が大きくなると言うのか。不動産経営? こんな男と関わったら怖い、20代の男性も「まさかここまでやるか」と、窓をあけたのだろうが。車の中はシェルターであり、時と場合によっては、車の中に窓を閉め、留まったほうが安全で、「110番」で警察に通報した方が良いと専門家は言う。

助手席に女性を載せてのドライブ、男の性格や運転態度も変わる気もした。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:30 】


TOP