FC2ブログ

CATEGORY - 未分類

2020
07/10

コロナの陽性者発覚調整か

コロナ陽性者がついに「224人」となった。小池知事も西村経済再生大臣もさほど驚いてはいない様子だった。医療機関も感染者ヘベットも、「逼迫していない」と言う。総理の会見も、危機感の薄い発言に国民も心配が増すだけと思う。「責任は私にある」と言い、多くの政治の問題点に、「何もしない日本のトップ」と世界で囁かれている。辞任しないなら、もっと問題の責任を明確にしないと、「自民大敗!」の報道のシナリオが見え隠れする。政治家誰もが静観しているような国政に、国民もうんざりだろう。


我が菜園にモンシロチョウが遊びに
地面には「ダンゴ虫」
懐かしい昔の風物詩があった

観用1
小池都知事のコロナ記者会を見で、過去最高の感染者が出たと発表をした。これまでは「PCR検査」を、感染者が増加する事で「医療崩壊を招く」と、大々的な検査をしないでいたが、第二波の感染拡大で、保健所の検査から、民間の検査ができるようになり、「夜の街」のホストクラブ・ガヘルズバーなどの、陽性発生の店舗を検査対象としていた。

東京都の感染の過去最高は4月17日で「206人」、検査対象は「約900件」での陽性数だった。7月9日は3400人の検査で「224人」と、これまでで最高の感染者となった。20代・30代の感染者が7割近くを占め、高齢の重篤患者とはならないとの政府と知事の考えがある。疑陽性(サイレントキャリア)が主ながら、追跡経路不明や、陽性者の追跡ができない連背区不能の状態もあると言う。明日も多くの検査を各自治体の方針で、これから毎日のように拡大していく様相だ。アメリカのように爆発感染とならない事を願うばかりだ。







【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:24 】

2020
07/09

日本沈没 大丈夫


今日の南三陸町は穏やかな「曇り空」。毎日の雨にうんざりながら、被災地の現状を見ていると、その被害の甚大さに、「今後の不安の気持ち」が伝わってくる。
我が町も昨年の台風19号の「1時間100ミリ超」の雨で、河川の護岸の被害と農地が冠水し被害を受けた。あれから10か月が経っても復旧工事が終わらない状況がある。「災害査定」の決定後に、復旧工事の入札・工事の開始の手順の中で、迅速とは言えない国の震災対応がある。

200708_040408.jpg
激震災害となる今回の豪雨阻害は、3.11の大震災と同じように、倒壊した建物、震災し入居できなくなった建物など、今後はり災証明の発行から、仮設住宅の建設で、住宅再建までの長い仮設住宅生活が予想される。また、ホテルでの仮住まいの対策も今後考えていると政府は言う。
コロナ感染症の中で、「避難場所のコロナ対応」の想定は、こんなにも早く現実のものになるとは自治体は予想もしていなかっただろう。避難所からの感染者が発生していない事が何よりである。避難生活が長引く事で、感染者がでる事は目に見えるような気がする。

200708_040740.jpg
そんな中で日本の自衛隊の活躍が、心強い姿として、ツイッター・フェイスブックで紹介されている。病院・福祉施設・避難場所からの避難、災害の拡大による二次避難など、消防・警察・消防団の救出活動には限界がある。自治体のトッブも混乱になる前に適切な自衛隊の出動を、政府に伝えているようだ。冠水した水上から、上空からのヘリの週出しか方法は無い、緊急時の命の救出は連日テレビで報道されている。

200709_060851.jpg

今後の降雨状況の予報時の午前6時5分
「緊急地震速報」があった
関東北部の震度4の地震があり
広範囲の地震 気象も地質も異常事態


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:05 】

2020
07/08

いつまで続くのか自然災害

また問題発生!
今度は「ガラ系」の停滞の音が聴こえなくなった。買っていた「スマホ」を使って連絡を取ろうとしたら、どこから判らない電話を相手は取ってくれない。「困りました」。
今度はスマホの着信音が鳴らなく、機能を確認しても、音量の設定が対応してくれない。昨日から「おかしい?」状況ながら、ガラ系は原因は「ショップ」で見て貰う。合わせてスノホも見て貰う。南三陸町にはドコモシップ無いから、今日は登米市に行って見て貰おうと思う。

数軒のガラ系への着信は、こんな時に限って何回も来る。


仙台一番丁から名掛町へ
藤崎の斜め向かいの「白松最中」さん
入り口には「ミニ七夕」癒されるー
大急ぎで仙台から帰ってきました

DSC_0874.jpg
九州全土・中国・長野・岐阜地域の
豪雨災害の皆さんにお見舞い致します
朝こうして食事が取れる事に感謝です
宮城県にも大雨洪水注意報が出ました


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:18 】

2020
07/07

自然がもたらす富と不幸


昨日は南三陸町に今年初めての「みずタコ漁」の水揚げとなった。昨年は大不漁で、その前には異常なまでにタコが獲れた。海の異変の中で生命の誕生にも色々な変化をもたらしているようだ。
今年の初水揚げの水タコの価格は、1K785円のご祝儀値が付いた。タコは「ゆでタコ」が主流ながら、「タコ焼き」の具としても引手あまただと言う。例年より「195円高」で取引された。

200701_062806.jpg
今日の血糖値
生活習慣病と老化
また心配がフツフツと沸いている

200706_174735.jpg
九州の長崎・佐賀・福岡地域に「災害の発生大雨特別警報」が、九州の熊本・鹿児島に引き続き発令された。「線状降水帯」がまた発生した。この時期の梅雨前線は当然の発生ながら、海水温の1~3度が上昇している状況で、南から暖かい風が吹き込み、北の冷たい風が前線を停滞させ、その風の動きで線状降水帯が生まれると言う。これも二酸化炭素・フロンの長い間の、人類が発生させ、その地球的被害と、抑制をしなかった為に、現在、世界的に異常気象が発生している。これも発展途上国の人類の自己責任で、その被害者は発展途上国の弱い人類と言える。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:49 】

2020
07/06

自然災害大国


「日本三大急流」の一つとして球磨川があった。以前にも大きな災害が発生し、国も対策を講じてはいるが、人間の自然災害対策には限界がある事を、「東日本大震災」で日本国民は知る事となった。
現在の生活・生業は長い歴史の中にあり、大きな生業の場所の変更は、大きな災害が発生しできる対策として自治体が取り組める。山間の少しの平地に住宅や農津・施設を建設し今がある。

200705_191013.jpg
観光バス会社の社長さんの「涙」は、今後が見えない、「コロナ感染症」が終息し、これからと言う時に20台を超えるバスが浸水し、全てが廃車となると言う。こんな状況の中で自然に涙が出る。当然の人間としての限界状態に達している。
熊本の旅館の女将さんも、コロナで客足が無くなり、これから観光客へのサービス券の販売などで、再建の兆しが見えてきた時の、館内の浸水の姿を見て、私も「どうすればよいの?」と、全てを津波で流失した時と同じ感覚になった。政府の支援は元より、全国・世界からの支援を求めても、新型コロナの世界的感染の中で、「救済の手」の活動はできない状況にある。

200705_191138.jpg
令和2年熊本・鹿児島水害は
地域の病院の冠水被害で診療休止となり
患者の血圧・糖尿病など薬の確保ができない
3.11の大災害でも医療の崩壊の中で
私も糖尿病関係の薬が4か月前後無かった
その結果「網膜剥離」「怪我の悪化」「血行障害」が
3年目に発症した 一日も早く被災地に「薬を!」

自己疾患を持つ人達は震災直後は、生活の確保の為に気丈ではいるが、長期間の体調の異変が出た時は遅い、私は大震災で経験している。早く対策をしてほしい。今は自衛隊の活動と、全国の自治体もコロナ対策で大変な中で、自治体の職員や医師・看護師の派遣は厳しい事をあるが、日本中で災害対策として支援が必要と思う。

200705_100235.jpg
大災害の発生時には「老人ホーム」の入所者の死者が多く発生している。岩手の台風災害も多くの高齢者が亡くなった。私の伯母も施設の職員の避難の活動の中で、手が回らなかった。体の不自由の人達の避難行動は難しい。安全な場所に「老人ホーム」を建設はしているが、予想も付かないのが「自然災害」である。地球の状況は「北極のオゾン層の破壊拡大」が異常気象をもたらしている。
海水温の上昇、ジェット気流の蛇行など、ここ最近の気象の配置を見ても、10年前はこんなに台風が発生しなかったし、「爆弾低気圧」などの言葉も無かった気がいる。

宮城県も今週は曇りと雨で、今週も「大雨警報」がでる予想と言う。自助での対策を思っている以上に対策を講じて欲しい。いざと言う時の「避難方法」も考えておく必要がある。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:00 】


 TOP