FC2ブログ

CATEGORY - 未分類

2019
12/10

海ではこんな感じ


素人が海底に「これ」を見ても
アワビとは思わないですね
平たい石に海藻が生えています
海底の岩場はみなこんな感じ

191208_094814.jpg
今朝の6時10分からの20分のウォーキングは、通勤の車が多く、交差点で3回も私の横断を待っていてくれた。こんな優しい住民の暮らす町と、志津川地区を思っている。

日曜の河北新報に南三陸町の記事が掲載されていた。町と東北大学が震災時の職員行動の聞き取りと、現職・退職した職員からアンケートを取ったと言う。8割?の回収だったと思うが、目ぼしい結果と話は無いと感じた。
(登米市加賀野地区の写真)
日曜日に登米市に震災後移転した知人が電話をくれた。「新聞にある資料があれば欲しい」と言う。私は町を去った人や、まして役場職員の移転者には冷たい人間です。南方仮設の生活から、登米市の移転で土地を見つけ、登米市で暮している。南三陸町の職員の震災時の行動を知りたいだろうが、「ふるさとの町になんが出来るだろうか」と言う、そんな考えを持つ人間です。調査の報告書は今の所、住民に資料はきていない。

政治に関心や教育者が町から離れ、新しい土地で多くが暮らしている。地元に残った住民の生活は、まだまだ不便で、今後の生活も厳しい。高齢者施設・税金・買物の足など、高齢者になればなるほど、生活は厳しい。子供達は親とは別の生活を選択し、故郷を捨て自分の生活だけを考える向きかある。

私は震災後の総ての生活の再建に、がむしぉらに生きてきて、苦しさはないが、多くの壁に立ち向かい今がある。だから今の生活に満足し、今も我が人生、生き方を謳歌している。




【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:10 】

2019
12/09

料理し食べる事は生きる事


昨日は三陸産アワビを1個いただいた
晩のビールのお友には少し贅沢
刺身の出来栄えは最高
しかし「腑」が破けたが
小さいながらその姿は貝の王様

191209_094442.jpg
昨日も熊田橋から秋目川の現地に行き、自動車会社に状況を聴きますと、「今日から工事に入る」と話しがありました。工事が始まり通行可能までの期間が判れば教えて下さい。
 入谷桜沢の国道398号も、道路を見ると土を盛った部分にアスファルトの段差が見られました。車通過での小さな陥没だと思いますが、二次被害とならない様、監視の目をよろしくお願いします。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:47 】

2019
12/08

自分の原点に

自分らしく自然体で生きたい! 強権で、勝手な、嘘がらみの姿に私は悲しい。「桜を見る会、解散。」が囁かれている。誰のための政治かを考え、政治家の原点に戻って欲しい。野望が、権力が「国民の為の政治」を、裸の王様にしてはいないか。見た目だけのパフオーマンスに流されない、国民一人ひとりが日本を考えた自分たちの「美しい日本」を取り戻すために、国民も原点に戻って欲しいものです。私もそろそろ原点へ、世に毒されない生まれたばかりの、純な考えを持てる人間に。


昨日の朝ごはん
しばらくぶりでインスタントの味噌汁
地元の白飯と昨夜の残り物
「カツオの焼き物と千切りキャベツ」
デザートは柿
今日の血糖値「111」
ナンバー1でした

191207_162805.jpg
8年9か月前の部屋の窓からの風景は
戸倉半島の山並みが見えた
現在は移転した場所から
昨夕は窓から綺麗な夕焼けが見えた
生活や姿環境は変わったけど
誰にも公平に自然は喜びと苦悩も与える


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:28 】

2019
12/07

折り返し


今日は黒々とした雲が広がり、6時10分でも、まだ薄暗く寒い。そんな中でも健康の為にウォーキング、何時ものコースながら、少しの変化で楽しみながら、一歩ずつ前へ進む、スマホの万歩計は1.8Kで、20分の歩きで距離も時間も丁度いい。
今日は道路脇に獣が横たわっていた。たぶん「狸」だと思うが、初めての事だった。写真は折り返し点で、ここからⅠキロとなる。遠いと感じる物の、背筋を伸ばし腕を振り歩む。必ず歩けば辿り着く。目標を決めたら一歩一歩進む事で、人の道「人生」と繋がる。63年も生きてしまった。今は山で言うと9合目ぐらいだろうか。

191205_135243.jpg
一日は、一杯のコーヒー牛乳から始まり、朝の「お茶」、そして日中も「お茶」と「コーヒー」は10杯近くも飲む、トイレも多く、10回も行く事も多くない。車の運転はトイレに困る。そんな中で「三滝堂」のトイレはありがたい。車で駐車場からもトイレが近く、私にとってはありがたい。

191206_140610.jpg
三陸道を使わず北に上る
歌津地区の市街地の道路整備は
新たな段階に来ていた
旧国道45号は本設に動き始まり
伊里前橋はもう少しで開通のようだ
後1年後?

昨日は歌津に行った。丘の上の「観音様」があり、「J1のフラック」がたなびき、そんな中に「ハマーレ歌津」がある。この日も商店街は閑散としていた。友達の会話の中で、「志津川の商店街と並べ、移転すれば来場者も多くる。」と話すと、「ここは地元住民の買い物の場所、なくてはならない商店街。」と言われた。これが町の商店街と反省し思った。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:16 】

2019
12/06

志津川字南町


今週の水曜日、父が「歯が痛い」「食べられない」「歯医者に行きたい」と悲鳴を上げていた。突然の訴えで、「今日にも病院に連れて行くから」と納得させた。

歯医者は志津川地区の「南町」にあり、その隣に志津川にただ一軒の「小さなスナック」が出来ていた。私も先輩に誘われ二次会に来店した。この雰囲気は大震災以来だった。

治療をしてもらい帰宅する時に、突然「せっかく出たから床屋も行きたい」と言い始める。志津川中央団地のある床屋さんへ、来客がいたものの「すぐ終わるから待ってもらえますか」と言うので、父を店に置いてきた。

こんな突然の対応をしてくれるのは、同級生の歯科・床屋だからに他ならない。親孝行ばかりの我が人生です。父は幸せでしょうね。

191202_172222.jpg
夕方に料理を始め、冷蔵庫を見ると「卵」がない。商工団地内にはただ一軒のコンビニがあり、我が家から歩いて2分の所にある。今は午前11時には仕事で来ている方の、弁当の調達場所で賑わい、歩いて15分から25分かかる「災害公営住宅」からも、高齢の皆さんがここまで買い物にくる。病院内にも「売店」はあるのだが、ここまで来る方が多い。

こんな事からも私は、今現在、恵まれた場所・友達環境あり住んでいる。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:14 】


 TOP