FC2ブログ

2010
02/04

集う


いろんな生涯学習活動が活発に行われているのが「我が町」です。
 海のことについての講演会があったり、長門ひろゆきの講演会やアメリカンバンドのコンサート、生涯学習大会など表彰式が総合体育館で開催される。
 昨日の臨時議会では、活性化・経済緊急支援の交付金が、使い道について表示され行政の思案どうり可決した。将来的な町民全体の未来への投資はない。使途については国の今回の考えは、ハードの部分だと執行部は説明する。いろんな形の使い方があると思う。建設・設計で地元の活性化もある、雇用の場の創出なら「活性化きめ細やかな緊急経済対策」となるのではと思う。
 例えば、町からの新商品開発室なる部署の設立準備資金としての活用、町近隣・町外への「我が町の物産紹介」の場所の設置など・・・いろんな案が考えられるが、あまりにも視野の狭さを感じた。
 「我が町」も行政(官僚)主導のような気がしてならない。以前の政府と極めて似ている気がする。
 朝に録画の「相棒」を見ていた。国会議員の政界からの滑落の内容だった。支持者の目・期待の大きさで自分の活動へのおごりから、以前の政治への新鮮な考えが欠如していく、考えを急ぎ実現するために官僚の収賄の罠にはまっていく。一歩一歩地固めをしてからの、堅実な行動が求められる。
 視野を広げ・焦らず・人の意見を聞き・社会情勢を把握しながらの活動の必要性を思った、朝の録画のテレビからです。フィクションであっても、現社会と並行した内容に唖然とした。
 そうは言いつつ「ゆとり」も忘れない私です。写真は「海円寺さんの豆まき」です。一生懸命まめを拾うみなさんの笑顔・顔、人ってやっぱりいい!
 色々あるが楽しく活動・仕事している。苦痛と思い動いたら「ケガ」「ストレス」、病気になっちゃう!楽しく思いやることで救われる。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:20 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP