FC2ブログ

2009
12/24

リクスマス・イブ


毎年の事だが一人淋しい「クリスマスイブ」である。
 一人者の仲間と飲むの侘びしいし、家族持ちは増して無理です。酒・食べ物はどんなに豪華でも、人の温もりが欲しくなるのが「イブ」です。
 昨日は「クリスマス会」の招待を「おもちゃの図書館」の鈴木代表から頂きました。多くの家族・中高・一般のボランティアの皆さんとの楽しいクリスマス会でした。志中の剣道の生徒ゃ戸倉中の卓球の生徒が、「千葉先生」「戸倉剣道スポ少」のと私の認知度もなかなかである。
 中高生は南三陸町の「ジュニアリーダー」に在籍し、地域の支援や協力に興味を持ち参加している。こうした未来の町を担っていってくれる「若者」がいることに、「将来の町は捨てた者じゃない」と感じる。
 高校の授業料の免除が民主党の政策により、来年度から実施される。それも良い事だが「雇用の場」の確保が優先課題で、企業の経営改善支援だけでなく、景気回復の政治の力を出して戴きたい。全国から優れた人達の結集が「国会議員」のはずです。地元に戻り中小企業に良案のアドバイスをして欲しい。
 ある人が「自分から努力しないといけない。支援しない何も出来ない人はダメ!」みたいな話を聞いた。問い掛けに「何かをしたいが、出来ないから助言・支援してほした」があり、また「自分から進んで事を起こさないと」と、どうどう巡りの議論となった。
 自分的にも持っていた考えだが、「弱者支援」の考えに立てば理解できる。自分はそうしてやって来たから、皆さんも努力・思考してやって下さい。との発想なのだろう。もうどん底まできていての現状と厳しさを知らない人間の言葉と思い、自分も改めないといけない「発想」だった。
 10年ぶりの医療費の報酬アップらしい。「0.19%」で、薬で約700億の患者支払いが増える。医師不足・高齢化から医療界の厳しさに、少しの支援となるのか?人事院勧告での「0.25%」の公務員の報酬削減もあったが、個人にすれば多少だが、全国となるとかなりの削減になる。そんな中で地方への交付金が1兆増となる。適切は活用を自治体には求めたいが、行政主導と数の論理が「壁」となっている。
 今夜のイブは「ひとりぼっち」の悲しい時間、早く寝よう!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:29 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP