FC2ブログ

2009
12/22

笑顔で歌津


日曜に歌津の「海の幸」を求めにいった。来場客と出迎えのお母さんの笑顔に会えました。
 今年も南三陸町歌津のイベントに数々参加させてもらった。歌津中学校の剣道の寒稽古からのスタートでした。親の会の献身的な子どもを見守る姿勢と、熊本までの「歌中女子団体」中学校全国大会の、歌津地区上げての応援には、金銭面での大々的な幅で地区民の支援だったと思います。また、最知7段の誕生には、歌津剣道関係者のみならず、南三陸町の剣道仲間も加わり、教え子が多数よっての祝賀会となりました。町の剣道の歴史の長さが感じられた。そんな中での剣道人口の減少は悲しい事実として、現在今後の問題となっている。
 今年は歌津地区の小学校の運動会にも、出掛けてみました。歌津の伊里前・名足の地区を上げ、家族ぐるみの運動会への参加と、子供達への熱い眼差しを見て、志津川には無くなりつつある光景が映った。漁業の従事者が多いためなのだろうか、家族みんなで子どもたちの活躍に、応援し個人ならず総ての子に、声援と笑顔を贈る。地域の在り方の基がここにあるように感じた。
 秋の上沢地区の「収穫祭」は、南三陸町の「町おこし」は地域からを訴えている気がした。
 歌津産業フェアは「アワビ」を全面に出しての、志津川地区とは違った展開で、「餅まき」での商品にアワビがあるなど、高級食材を集客のアピールにした。歌津地区民全員で来場者を「笑顔」で迎えていた。
 そして最終?となる魚竜館の「海の幸」まつり、美味しい歌津地区の海の宝物を「笑顔」でアピール、漁師さん夫婦・お母さんの笑顔の出迎えがそこにはありました。
 年間を通じ週末開催の国道45号線の「山海の市」の、店員さん・社長さん・お母さんの「笑顔」も今年はいっぱい貰いました。歌津町民みなさん一人一人の「おもてなし」の心を感じました。
 南三陸町歌津のイベントを来年も追い続けます。交通事故が多発しています、交通安全に気を配り「年末年始」を過ごせますよう、心より祈念いたします。
 後は「暮れ市」と「すばでまつり」でお会いしましょう!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:27 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP