FC2ブログ

2009
11/04

あらゆる手段で


大郷町の「道の駅」?なのだろうが、大規模で総合体育館も隣接し、スポーツ大会の参加者などが訪れ地場産品を求める光景があった。町の重要施設がバラバラにちらばり過ぎている傾向が「我が町」にはある。そのイイ例がベイサイドアリーナで体育館とステージが町の端に位置し、高齢者が出かけるには無理がある。開発・土地の確保があるのだろうが、地代が高くても・従来の施設を改築しても「町中」に建設が、観光客・住民にとってもプラスになると思うがどうだろう。
 こないだブログの「コメント」に、「役場歌津出張所の閉鎖合併絶対やめて」が書かれてあった。居住地から遠くに役所があることは住民は大変で、高齢化社会に向かっている今、なおさらである。
 昨日こんな話を聞いた。老人ホームが足りないと全国に建設されているが、20年後には老人ホームがガラガラになるという。人口が減って行くからで今が年代別に見たピークだからだという。荒砥小に建築予定の老人ホームは、建築後はどんな行く末を辿るのだろう。
 剣道日本一をきめる「全日本剣道選手権」が3日文化の日に開催された。この大会で静岡代表の高坂選手は、宮城県「東仙台高」の出身だという。上段からの面と小手が得意技で、解説者の積極剣道の姿勢を絶賛していた。ベスト4で敗れたものの観客の目を奪っていた。近年では気仙沼出身の「佐藤選手」が準優勝に、古くは中田出身の「千葉選手」が2年連続優勝している。今年は東京の「内村選手」が2度目の優勝を飾った。南三陸町の「遠藤兄弟」の宮城代表に選ばれているのは有名である。剣道で南三陸町を全国に是非アピールして行きたい。
 名古屋の「雇用促進対策」の補助金を、就職難の若いフリターに観光宣伝を、武将のパフォーマンスで採用し、名古屋にイケメン武将大使としてテレビでピックアップされた。どんな形であれ雇用の場と明確な効果が「雇用促進対策」の国の補助金の使い道が行政に求められる。
 とある駐車場で「当て逃げ」の現場検証が成されていた。人間のモラル低下に又かと思った!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP