FC2ブログ

2009
10/13

地域おこし


入谷地区を見るとどんどん開拓が進んでいるように感じる。
 昨年の入谷中の「閉校」はあったものの、入谷小の学校の新築があった。地域民の念願がかなった!この影には地域を代表し「議会の場」で、その必要性を語り続けた、地元出身議員さんの努力があったはずです。地域を代表し町の為に活躍するとはこういう事なのです・・か?
 戸倉地区の台風被害は、見学に行っている訳ではないが、大変な状況で復旧作業に4日間も要する家々があると聞く、しかしながら現状かいふくにはまだまだ時間がかかるらしい。道路は県・町だが、道路から家までは自分のもので、水に流され陥没し車が通れない所は、自分でなおすしかないという。高齢者の家庭もおおく地域民・契約会が助け合い、家に入った水で汚れた物の処理にあたっている。話は想像を絶しそのご苦労に「大変だなー」しか、慰めの言葉がでない。
 剣道の教え子の家も「牛舎」「家」が水浸しとなったらしい。そう言えば家の隣を川が流れていた。その道でこないだ路肩の車を落としたので良く覚えている。1日で1ヶ月の雨を降らせた台風の恐ろしさがここにはあった。我が本浜地区も高潮で床下浸水ですんだが、数年前の教訓から土台を高くし建築した家が対策を講じ難を逃れた。山沿いの地区はそう簡単に災害を想定し策を講じるのは難しい、行政の手厚い支援と災害を見据えた環境整備で被害者は少しは救われる!
 写真は入谷鏡石から公民館・小学校に通じる道路です。その広さに驚きました。地区民の通学路の確保に水田を提供?したのだろうとおもう。町中は建物が軒を並べていて、道路の拡張・通学路の整備は難しい、地区民の気配りが子供達を守る。交通安全は期間中だけでなく「毎日の見守り」。
 昨日までの段取りで、自分の身体が少しは今日は大丈夫だ!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:54 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP