FC2ブログ

2009
09/16

八幡さまの神楽


我が社の取材班に上山神社の「宵宮祭」の撮影をしてもらった。
 入谷・上山・田の浦に「八幡神社」がある。我が社の若いスタッフの取材のレンズに、どのように伝統・芸能・神楽・継承・伝承・町民・地区民・・・などが、写ったのか非常に気になる。
 仕事としてやってもらったけど、志津川を一時期離れた彼からが、地元での生活を考え地域で生きていくには、「我が町」の良さを知り、触れる事から馴染みとけ込んでいってほしい。何もないじゃなく、何かを生きていく為に見つけ出す事が、この地で充実した生活を送るための第一歩です。
 私もギャンブルに走った時代があったが、そこで遠回りったが自分を見つける事ができた。やはり同級生仲間の存在が大きい、ただの友達ではなく、互いに磨き上げられる仲間を、是非見つけてほしい。遠回りは更に自分を強くしてくれる。誰かのために頑張れる!これを見つけると又楽しい。
 色々な事業を一人がすることは、なかなか難しい、主力商品に全勢力を傾ける事が、成功の秘訣だという。「餃子の王将」が良い例である。不況・低価格競争などの今、550億から650億の売上を伸ばし純利益は38億、全国に525店舗を展開している。各店が独自色を発揮しているが、主力の餃子は各店同じ質・味・焼きに拘る。社員教育とやる気のある人材を会社は常に雇用者に求める。自分的にはこれを維持するのは今後大変だろう!と思う。やはり「凡人」ですね。
 米国の失業率9.6で自動車の町デトロイトは16.6から今年28%と、リーマン破綻の自動車産業の崩壊がまだ続いている。そんな中でオバマ大統領は景気が上向きという。それはサブプライムで多くの銀行が国の支援により黒字への転換が要因で、シティーバンクなどは従業員報酬が6800万円で昨年の倍らしい。聞き間違いではない?と思うが、大国米国経済の凄さを実感する金額だ。
 石破農水大臣が減反政策の試算をだした。減反政策を廃止すると国の補助が10年で10兆円になるらしいが、このままで減反をしていくと10年で3.8億に止まるらしい。自給率の向上には相反する。補助を出さず自由に米を生産すると、国民は安く買えるが農家の所得は下がり、農業が廃れていく。なかなか難しい問題だ。石破に変われるやる気のある大臣が民主にいるかなー?第一次産業を守る事がこの国の食の生命線です。
 朝のブログ頭の体操はこれくらいにします。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:41 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP