FC2ブログ

2007
11/10

気になる言葉

 「公立病院が無くなる」ショキングな報道でした!東京23区の東十条病院の倒産もつながりがある事件だと
分析しています。我が町とて東北第一外科よりの医師の派遣がなかなか成されず、医師不足によるベット数の減少・
専門医の不在・患者不足と、公立病院としての機能が年を追うごとに低下してきています。
 東十条病院の場合は、経営者がディスカウントストアの会長の経営という、医業とは違う経営者がトップに立った
事、も一つの原因で一番は医師不足です。経営者がやりやすいよう理事を日大医学部のメンバーから親族に移行した
事のより医師の派遣をストップされるという最悪の状況へ向かった。
 厚生省の病院への規制にも点数制のあり方にも原因があると思います。そのせいでベット数を350床から100床にな
り、看護士の解雇削減へ益々経営の崩壊のつながっていきました。結果てきには381人を9月27日に全員解雇の
通知をだし10月31日の閉院と経営者はしました。1ヵ月と言う短い期間での再就職活動の余裕のない、スピード
解雇でした。
 現経営者の努力改善無し、従業員の今後も考え無い、もっと非道いのは入院患者の別な病院への転院も病院側がお
こなったのではなく、家族身内で新たな病院を捜したという、あまりにも無責任な病院側の対応でした。
 医は仁術?心術?お金では解決できない、精神面・技術面をサポートして初めて成り立つものだと思います。ディ
カウントストア経営者が利益のみの追求で医業に入ってくる!ここから間違っているように思います。
 我が町も公立病院の時代から個人病院が3院開業し、公立病院の医師の不足をサホートして、いまの町の医療が成
り立っている地域です。安心して健康に暮らすには、悪くなる前の自己管理が必要だと耳にします。町の国民健康保
険の経費増加もこれにより少しの歯止めがかけられるとも聞きました。
 安心してお医者さんにかかれる環境づくりを普段から考えておきましょう!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:0 | 15:36 】

COMMENT
POST A COMMENT

















TRACKBACK

トラックバックURL
http://nobu6399.blog118.fc2.com/tb.php/82-ec1430a9


 TOP