FC2ブログ

2009
08/30

取材された!


今週は河北新報記者より取材を受ける事となった。
 「戸倉剣道スポーツ少年団」の活動が認められ本吉地区の優勝の褒美だろう。12年間の戸倉剣道その前の5年間の志津川剣道スポ少の指導がその根底にはある。
 17年間の指導は現在の子供環境・親子の関係を知るには良い機会であった。家庭・子供のない自分にとっては「我が町」の一般家庭を垣間見、町の現実の状況を子供の話・親との交流で知る事が可能となった。20歳から35歳までの剣道のブランクは大きく、又この道に呼びこんでくれた「荒砥の遠藤先生」には大感謝している。町の政治への疑問や取り組みはここから始まっている気がする。
 本吉郡の剣道大会は僅差での優勝で、勝因には子供たちの「精神力」「剣道継続」が一番です。どのような環境でも、即判断し結果に結びつける術の修得です。対戦した剣道スポ少もレベルは同じで「運」もある?剣道人口の減少・指導者不足が「南三陸町志津川」には今ある。好きなことをやらせたい!「戸中には剣道部がない」しかし生徒の減少で他の部が成り立たなくなる。親子を取り巻く生活環境の厳しさは、職の無さと所得の低さにあり、漁業の地区戸倉の魚価の低迷も影響がある。こうした環境の生活の低下が子供たちに、少なからずしわ寄せとなっているなど、広い目線で取材への意見と「戸倉の剣道事情」「我が町の剣道事情」を語らせてもらった。
 片腕の剣士が中央で頑張っている映像がテレビでながれていた。打たれても打たれても「ハンデをハンデとしない」気力、それを指導する先生の厳しさを見た。「いい汗といい顔」が印象的だった。五体満足の人間は甘えているようにしか見えず、また甘やかしは子供の成長を止めている!親の課題。
 昨夜の「かがり火祭り」の中で、ホテル観洋の協力応援による「胡弓」の演奏が八幡川の浮きステージで、かがり火に照らされての演出が、町民の目線を釘付けにした。写真撮影の私の後ろからは、喜び・嬉そうな「声」が聞こえてきた。「我が町」就労に来ている中国の若い女性たちだった。遠く離れての仕事環境の中、古里の風景を思い出し一時の安らぎとなり、明日への活力になるだろう。
 政治をバカにしたら、政治からバカにされる。自分の未来を「一票」に込め投票へ! 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 09:53 】

COMMENT

2009
08/30

気力をわかせるのは「甘えだ」と言って突き放すだけの姿勢でしょうか?
だとしたら、人は精神強者しか生き残れないのではないでしょうか?
この世界は何でもかんでも甘えと言って、話を聞こうとしない人間が増えている気がします
話を聞こうとせず、何の信頼関係が築けるのでしょうか?
私的意見ですが、私は肉体、環境の「弱者、強者」だけが全ての弱肉強食原理ではないと思っています
今の日本は得に、精神的な弱肉強食があると思います
>政治をバカにしたら、政治からバカにされる。
とのことですが、上にあるものは常に下にいなければならないのではないでしょうか?
国民一人一人を大切にし、国民を食い物にせず全てが納得いくまで話し合う、そこに日本の、いや、世界の政治のゴールがあると感じています
時間のロスを気にしてばかりいたら、解決はないのは確かだと思っています

【 さがな |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP