FC2ブログ

2009
07/05

入小魂


昨日開催の「町小学ビニバレー」に熱気が爆発。
 戸倉の「親の会」の方から応援に来て下さいと連絡を受け、雨の中を志中体育館に出かけてみた。体育館の2階の扉を開けると、子供達の元気な声が聞こえてきた。会場の熱い戦いは始まっていた。地域・学校単位でのチーム編成なのだろう。ユニホームにどこのチームか書いて無いし、スコアボードにも対戦チームが書いていないので、苦労の観戦となった。
 そんな中、2つの試合に目が止まった。中瀬町と入小です。応援団は30対80人でプレーの一つ一つと1点取るごとに、双方から大きな声援・悲鳴が聞かれた。接戦の中で「入小魂」の紫のTシャツが目に付く、大応援団を従えての子供たちへの後押しは、そうとうなものである。接戦をとおし13対15で入小が勝利した。もう一つは五日町対?だった。今のチーム編成は子供の減少から6年と低学年の混合チームを地区については感じる。身長の大小から五日町の「小さい頑張り屋」さんに目が釘付けになった。小さいながら一生懸命で、自分のミスで2点3点と奪われる。でも一生懸命なこの子の姿に涙が出そうになる!チームの子もバックアップ、相手チームも弱点を責めない、「スポーツマンシップ」に感動させられました。
 午後は時間をもてあまし「長者原SA」に出かけました。結局高速の築館から10キロの場所に向かう。サービスエリアへ直接入れる「スマートエリア?」がある。長者原へは高速に乗らなくても入場できる事を初めてしりました。ヤマウチさんの「帆っ伊達」にお客さんが並んで見ていたのは、ちょっと嬉しい気持ちになりました。南三陸町が知られるのはイイ事だよね!
 中国からの観光が「個人ビザ」により容易く渡航できるらしい。お金の持ち出し制限があるが「銀れいカード」で買い物がいくらでもできるようになったという。中国の「富裕層」は今後も増え続け、44万人からの旅行客が将来は1億人?にもなる。JTBの営業戦略も「億万長者」にターゲット、100万円の観光プランを企画していて、その応募も順調だという。目的は自国で出来ないサービスを求めに来るという。「我が町」も強烈なプランで対応しないと!
 さて、今日は何をしようか?
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:51 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP