FC2ブログ

2009
07/04

飲食店組合


町内では食堂・居酒屋・喫茶・民宿・・・などが加盟しているのが「飲食店組合」です。
 町おこし・地域おこしで活動を活発に行っています。先頃は「屋台村」を企画し地場産品を町民の方々に格安で提供・味見をして貰い、多くの来客と共感をいただいた。
 DCでは昨年は来町の企画に、町への協力として「たこ弁当」も企画、全国へアピールし仙台駅での町・商工会・観光協会で、一大イベントを開催、仙台市民・観光に来ていた皆さんに、プレゼントを配り「南三陸町」の応援団として、活躍したのが「飲食店組合」でした。
 しかしながら、町内の飲食業の現状は「厳しく大変だ!」と聞きます。各店が商品開発・特典・価格を抑え、営業を続けていますが15年前の活気は失せているのが現実です。私も1月10日ぐらいの外食を町内でしていますが、とにかく「混雑」に会ったことがない、これぐらい人の流れが町内にはないと言うことです。タクシーの運転手さんに聞くと良くわかります。写真は水尻川の畔に立てられた、今が旬の「うに丼」ののぼりばたです。歌津の「魚竜館」のウニ丼は「浜祭り」などの祭りでは、1000食を超えるぐらいの売れゆきとききます。同じ町なのに今まで無かった、「ウニ丼」の宣伝に頑張ってるな!と、「松原食堂」さんの取組に拍手、近々に「試食」に出向くつもりです。
 昨日は町内でお好み焼きの元祖「田中前」さんに出かけた。昔みたいにお客さんの動き町内にないね!と聞きました。今日はお陰様でいくらか入ってます。と、イイ傾向と聞き耳から「公務員」のかたかな?と、役場では無く。久々こだわり牛肉と、ボリューム満点のサラダ、具沢山の「スペシャルお好み焼き」に、ついついビールも数を増し、主治医の言葉が耳に浮かびました。
 町民みなさんの町内での購買が廻り回って自分に返って来ます。たまには町内での外食なんていかがですか。
 事業所の外国就労者の急増は、今後どうなるのだろう?行政の後押しがなされ事業所、地元の町民職場が「価格競争の勝ち残り」にとは言え、行き場のない現実を。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 09:19 】

COMMENT

2009
07/10

同人コミック

アニメオタクの友人に教えてあげよう!きっと喜ぶからさ♪
http://bOOk-web.biz

【 同人コミック |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP