FC2ブログ

2007
11/02

愛犬家

 また同級生の親父さんがなくなりました(75~85歳)私たち同級生の親にあたります。ご冥福を祈ります。
 私の同級生仲間には「愛犬家」が沢山います!独身も沢山いますが、ちょっとした関係とつながりもあるのです。結婚していない同級生はすでに五十路になり子供は無理?みたいな状況になります。子供が授からなかった同級生も意外と多くいるなかで、「ペット」飼う方向に向いたのだと思います!?
 ざっと数えても7人・・・ぐらいいます。私自身は子供のころ犬に追いかけられた記憶がいまでも尾を引き「犬がトラウマ」なっています。怒っているのかじゃれているのか、未だに理解出来ません!仲間(愛犬家)によると犬もそれを判っているんどよと言います。
 そういった同級生・私も含めて、結婚でき子供が授かり、子供が欲しくて養子制度・里親制度を利用して、子供がいる家庭だったらきっと状況・生活感・生活もかわっていたのでしょう。相手を見つける、子供がいる家庭をつくる事は大変なのでしょう、大きくする事も含めて、ただそれを乗り越えた後には、もって素晴らしい楽しい未来があると私は思っています。
 そんな仲間(愛犬家)を見てるとワンちゃんは子供なんですね!見てて感じます。我が町にも新しい斎場ができます。ペットの斎場も隣接して建てられました。それは私たちの仲間だけでなく、「愛犬家」が多くなっているのは世の中の現状を表しているのですね!
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:0 | 10:58 】

COMMENT
POST A COMMENT

















TRACKBACK

トラックバックURL
http://nobu6399.blog118.fc2.com/tb.php/74-280a9a8a


 TOP