FC2ブログ

2009
06/01

取組


中総体2日目の昨日降水確率20・60を開催をの気持ちが雨を吹き飛ばした。
 9時30分からの剣道の種目に一声掛けたくて、歌津中学校まで出かけた。予選の大島中の戦いの目を止めた、選手3名で1年と3年?の5人に満たない中での、一生懸命さ・家族の応援に心が動いたのだろう。人数が多くても生徒の取組・チームワークの違いが、そこに気持ち・活動の差となり、結果にに反映する。途中で帰ったが決勝リーグの結果は明日の「三陸新聞」が楽しみ。
 昨日は怪我のスポ少の生徒を見舞いに、以外と2日「友達の大会に出られない」と泣いたせいか、すっきり元気なっていたので一安心。決算期への書類整理・銀行への融資書類作成のデスクワークも片付け、怪我のの子から借りた「アルバムジブリ」を返しに行こうとしたら、商業の大先輩が会社を訪れてくれ、外での有意義な「長話」一時間、ボケになる暇がない!
 「人間は貪欲である!」。地位・金・愛情・幸せ・・・・。分け合う事をしない人間が1割いて、その人間の総ての物欲が、人間の生活のバランスを崩す、それが団体・組合・自治体の長だったらどうなるだろう。一生懸命の活動を欲なしにやって来たのに、いかにも自分が考え・やったと周りを抱き込み、自分の成果にされたら!。私もあらゆる趣味の中で、団体に加入しているが、みんなが周りを思い活動しているから、20年も続いています。きっと「化けの皮」がはがれる時が、近々訪れるでしょう。
 自分にも起こりえる事件が、90歳の母親を「死にたい」と常日頃話していたと、息子60歳が「首をつらせた」という。高齢化社会の中では、親も子供もこうした状況に必ず遭遇すると、私は同じ家族形態を持つ人間ならあると!国は将来の大問題が今と捉え、政府レベルの環境整備を進めないと、こうした事件が多発・連多発する。
 鹿児島の「阿久根市長選」が市議会の市長の問責により、出直し選挙となったが、市職員報酬・不人気議員をインターネットによる、市民への情報発信で物議をかもし、この事が市民に1割の差だが信任された。職員・議員さん「おごり」への警鐘です。市長さん横暴はもうダメ!双方の市民の為の政治にシフトしないと。
 出生率が上がったという。実は「うるう年」だから、しかし3年連続らしい0.02ながら!
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP