FC2ブログ

2009
05/28

デフレスパイラル


24日の津波訓練を終え、自宅に帰る途中で若い女性の集団と遭遇した。
 時間は丁度7時前である。早い時には5時30分にはであった。聞くところに水産業の仕事にたずさわっている「中国労働者」だという。仕事は熱心で賃金は5分の1ぐらいだという。経営者にとっては最高の労働力であり、価格競争に打ち勝つ手段方策としては最高の戦力である。地元の雇用に更なる打撃となっているのも、現実となっている。
 消費者が安いものに集まる~物の価格が益々下がる(価格競争激化)~企業は利益率を下げて競争に挑み、会社の収益が下がる~会社で働く社員の給料は下がる~家庭の収入が下がる・・・この回転がどんどん進んで行く、「デフレスパイラル」の構図です。ぐるりと廻り消費者・企業を苦しめる。これが最悪に至った時は、企業の倒産・解雇・家庭不安となります。自分で自分の首を絞めているようなものと思うが、この不況でも実績を伸ばしている会社は、経営原理を把握・社員に安定した雇用体系の元に、発展している会社です。ただ「安くして売る!」ではない。会社と社員が一体となり利益を追求している上に成り立っている。地元の労働者の環境改善に町自治体はもっと考えないと!
 「新型プリウス」によりトヨタは、自動車不況からの脱出の「光」が見えてきた?トコタの愛知県ではトヨタ車体・自動車の2社が残業を再開した。11万台の予約注文受注があったせいです。でも現実はまだ厳しく愛知県での自殺者が急増している。結果として表れた。GMが遂に破綻法(日本の民事再生法)を選択?この影響により日本の中小企業の130社の内102社が負債のつけがまわる。しかしGMの政府の傘下となり、いくらかの保障を受けられるという。
 小説家の栗本薫さんが56歳で「すい蔵ガン」で逝った。手術から2年目という。世界最長の小説も想いなかば途切れてしまう。普段からの予防・検査などで病院と上手く付き合わないと!
 「いま困っている人を助ける」「将来に対する政策」。この2つが当面の自治体の仕事。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:10 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP