FC2ブログ

2009
04/08

快進撃

楽天
昨夜は楽天の4連勝そしてマー君のピッチングにつきる。
 田中投手のピッチングはWBCの経験からというが、彼の気力と努力と継続によるものと私は感じます。「ストレート」のコントロールとスライダーの変化は、昨夜の調子では松中も三振に取るなど、ソフトバンクのWBCの同僚とキリキリ舞いでした。
 あのストレートの勢いは、ほれぼれします。胸までスッキリです。「現実に戻るとその差に落ち込む?」。4連勝に野村監督もにこにこ、私の応援ユニホームも喜んでいます。「楽天優勝確率アップ!」です。22日のロッテ戦友人の誘いで球場へ、この調子是非持続しててほしい。巨人も1勝。
 昨日は薬をもらいに病院へ、行きつけの内科医さんで2時間、これが痛い!でも医院・薬局さんも私には優しいのでしょうがないかな。老夫婦の互いを「いたわって」の姿に夫婦理想を感じました、歩くのに不自由な夫を妻が手を添え、その歩くペースにそっと後ろに続く。何気ない風景に「ホッと」する時間であった。我が家とて同じだが、介護役の父親がうるさい、「優しくそっと!」できないのか?自分は何もしてやっていないから、口出しはできない。
 政府の経済支援が沢山打ち出されているが、「我が社」には一つも関係がない、ワークシェアによる解雇なしの従業員雇用に当たっての補助、これに関してだと新たな経営戦略の創出を、検討しないといけない。出来ることはしているが、理解・協力者が乏しい、これは自分の器の小ささに起因いる。
 あの会社の社長さんと話ができた。この厳しい社会情勢の中でも安定を維持している。息子さんが慶応大を卒業し就職、早く継いで貰いたい気持ちが前へでるが、商社への入社をしたそうである。社長に何でと聞くと「若いんだもの!」。と返ってきた、「可愛い子には旅をさせろ」です。私も高卒と同時に父親の会社に入り後を続く結果でしたが、会社が困っていたので仕方ないが、やはり「外の釜の飯を食わないと」、ダメですね。今でも後悔をします。確かに子供が入ったら親は楽でしょう、一時期は良かったが、こうした想像を越える大変革の時代を乗り越える経験をしていなく、「生温い考え」が脱出の術を知らない。経験不足は否めない。
 誰のせいでもなく個人・自分の道です。新入社員いまの苦しみ辛さは将来への「肥やし」ですよ!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP