FC2ブログ

2009
03/15

入中魂


入中生のシンボル的「アンジェラ・アキ」の手紙18の君へ?の歌がこれで生徒全員での合唱が最後となる。この歌を胸に「志津川中」に1.2年は向かう。新たな入中魂を発揮し、入谷地区で培った英知と根性を知らしめて貰いたい!幸運を期待したい。
 280名近い「閉校式」の開催にあたり、清水小に引き続き「涙雨」となりました。並大抵の雨ではなく夜半からの暴風雨と重なり、参加者は大変だろうの予想は嬉しいはずれとなりました。、開始前には、見守ってきた八幡様のお陰か?小康状態に地区民にとっては「天からの涙雨」、中学校の閉校が厳かに開催されました。
 各々の思いが去来する閉校、地区民・PTA・卒業生には涙は無かった気がする。新たな子供たちの「旅立ち」を祝う会のように感じたのは私だけだろうか?4時から行われた「入谷中学校62年の思い出を語る会」開催には、多くの地区民・学校関係者が集まり、最後の記念写真の撮影から始まった。思い出を胸に会場に集合したものの、少しの遅れで全員での集合写真に入れなく、受付で大残念がっていたのが印象に残った。
 不思議と前日までの好天が嘘のように雨になる、また雨のこうした記念式典もまた情緒がある。荒砥は晴天の中だったのが記憶にある。藤浜・林際・清水・荒砥と地区にあった学校の、時代の流れによる廃校は地区民にとって悲しい他何物でもない!
 入谷中校歌の作詩は、私の恩師の工藤先生(志高)のお父さん(工藤祐雄先生)で、2代目の校長先生だったという。決して旅立った3433人の卒業生は忘れる事はなく、同級会・同窓会・節目の集まりで、歌い継がれて行くことでしょう。私も志小・志中・志高の校歌は今でも歌えますから!
 登米市の三陸道インターチェンジ見に行ってきました。あと一週間で開通?できるのかなー。水田の真ん中を高速道が走る光景に、開発は善いことなのだろうが、一抹の淋しさを感じた!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:03 】

COMMENT

2010
12/05

十五の君へです。


もう2年経つんですね…
近々取り壊されると聞いて悲しいです(ノ_・。)

卒業したかったです…

【 ** |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP