FC2ブログ

2009
01/21

新たな期待


アメリカ大統領オバマ氏の就任式が朝から大々的に開催されている。
 4万人の警備員を配置し、高いビルからは不審者にスナイパーの標準が合わせられている。何10万人?という国民が記念すべきこの日に、同席しようと集まった。経済効果は2500億円という桁違いの大国である。このな国の躓きだからこそ、世界的に大きい影響が起こることを実感する。
 阪神球団の2回分の経済効果で、小浜市にはアメリカの報道陣が来日、余談です。
 写真は南三陸市場の競り前の海産品の整列です。この時期はワカメ・メカブが多いきがします。昨日のNHKのクローズアップで、流通改革が今進んでいるとの報道がありました。現在は消費者に生産者からの価格の4倍で小売りされているそうです。イオングループでは生産者から直接買いを行っている。島根・石川県漁協の初の取り組みだという。原油の高騰により、漁民・スーパーが取り組んだ販売買取流通改革である。漁民は原油費を魚価にプラス更に1割高く売れ、スーパー側も中間経費の削減により安く消費者に販売、他店との競争にも負けないシステムを作っている。
 「我が町」でも行われているように聴く、阿部長(観洋)さんなどはさんま・かつおは沖で漁船から一艘丸ごと買い付ける。ホタテも生産者から事業主・個人も漁民から何トンと直接買いにより安く仕入ている。商売は生産者の流通・販売の確立でいくらでも商売になる!人より思考・努力により。
 またこの流通により、地元小売り業者に弊害がある事も事実で、魚が回って来ないという。
 漁業の町である「我が町」にも改革が必要で、時代とともに先端の行動が漁民を守る。漁協・行政・仲買人の更なる取り組みが求められる。
 オバマの演説に「現実をしっかり見つめる。」とかの話があったようですが、自分も目の前の紛れもない経済・生活・金の現実を直視して、今を生きないと、「誰かが助けてくれる」なんて言う甘えは自分をダメにするし、「従業員を何とか守る」という、経営者の自覚をもたないと!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP