FC2ブログ

2009
01/09


新春3日の志津川湾です。
45号線を戸倉に向かう途中、余りにも美しい水平線と出合い、偶然にも車に積んでいたカメラのシャッターを切りました。どうですか「我が町」の素晴らしさを再認識してくれましたか?戸倉折立より。
 昨日「宮城県漁業協同組合志津川支所」に借金に、こんなに長い名称になりました。窓口の所に「救命胴衣」が販売されていました。漁協組合員にも胴衣の着用を義務づけて、婦人部でも着用推進運動も活発です。何故かと言うと転覆しての生存率が30%アップするのだそうです。年明けに15日漂流し続け救助された漁民ががいました。国内での事で、潜水病で両足が不自由、まして1人「立ち泳ぎ」で15日間海上1.5メートルの波、奇跡!どんな精神力なのでしょう。家族の事を考え続けていたそうです。「家族愛」が奇跡を起こしたのですね。やっぱり大きい力!
 昨年の日本人の外国への流失は1598万人(-130万人)だったそうです。外国人の流入も914万人で、「我が町」にも労働・研修・結婚と色々な形で、外国の方々の力を借りています。国際交流協会の活発な活動が町では行われています。
 「生活給付金」が消費の拡大により、今の不況を改善に使うと自民党は必要性を訴えています?ある人は2兆円あったら、解雇された人達を200万で雇用すると100万人の職を確保できる。また、待機児童の解消に施設人員の確保など、今目の前の問題を解決できると話す。
 「我が町」の後継者の流失・不足の歯止め、次に少子化のこの2つでの人口減が最大の町の問題だと思うのですが!どうするのでしょう?
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:36 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP