FC2ブログ

2009
01/04

初競り


昨日は「我が麻雀倶楽部」新春交流大会を開催しました。
先月末に募集を募りましたが、10月からのリーマンショックにより自動車の米国「ビックスリー」の破綻を国が資金を投入し何とかこの危機の、一時的な破綻回避となった。当僻地の下請け工場とうには多大な影響として年末年始に向け影響となった。こんな地域状況の中で「不謹慎?」は別としたものの、そんな気持にはなれないのか、10人での新年会麻雀となりました。ふさぎ込んだままではね。
 今日ブログのコメントに2つの「嬉しい声」が入ってました。町職員でない町民さんからでした。問の答えとしては、コメントにはH系のものもあり、確認して載せています。自治体の責任や行動ばかりを指摘するだけでなく、主の「秋の町イベント」への積極行動もしたら!との問としては、前々年度には新たな地場産品の発掘として「あなご弁当」の販売に異業者ながら、周りの力をお借りして展開し1年間、「二足のわらじ」にて努力、100万円近い資金を投資しましたが、力不足により断念、再復活をまだ夢見ています。昨年は本格的に地域に情報の発信を行い、人員の雇用・アルバイトに6人も総員し200万円近い投資で、半分の回収にも至らない結果でした。行動はしているつもりですが、町の応援・支援・資金も無しで、自力だけでの活動には限界があります。答えになってますか?
 箱根大学駅伝を毎年見るたびに、自分もこんな素晴らしい所に立てたらと、若い時代に戻りたい衝動にかられます。2区ダニエルの19人抜き、3区竹澤のアキレスケンの痛みを抱えての力走、東洋大の1年柏原の「山の神・今井」の記録を抜く47秒を超える「山の神童」の誕生が往路にはありました。復路は6区は早稲田・東洋の箱根の山下りの激戦、8区では城西の選手が19㎞で「低血糖」による棄権、最終的には往路復路で東洋大が創設122年で初優勝を飾った!人生と同じで「楽」して掴める「栄光」は何処にもない!と言う事です。未来を夢見る子供たち判った。
 写真は10時就寝し、4時30分に起き撮影した「初競り」です。今年も楽しーい!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 10:43 】

COMMENT

2009
01/04

的ハズレ

コメント返し、有り難うございます
自分の提言した 秋のイベントへの立候補とは選挙の事です
そして、弁当やら情報誌やら書いてありましたが それは一種の「事業」では?
もしそうだとしたら最初から町に支援・応援etcを求めるとしたら「事業主」として首をかしげます また、支援をしてもらわなかったからと 町職員を非難するのは「呆れます」
例え事業では無くボランティアだとしたら尚更のこと
主から提言・行動をするために最初から町に頼る事も同じ事かと。

ともかく、何かをするために 又は した後に思い通りに行かなかったからと誰かかの責任にするのは違いと思いますが如何でしょうか?
(ここのブログの場合は町職員と言う字が度々載ってます)

【 町職員では無い町民 |  編集 】

POST A COMMENT


















 TOP