FC2ブログ

2008
12/19


お世話になった父の友達の牛小屋を「パチリ」。
 何気ない衝動に駆られ留守だつたので、ケイタイで写真を一枚。何も考えず牛が暴れないかとおそるおそる、シャッターを切った。今この絵をみて「来年の干支」だと気づく。
 何気なく「撮らないと」といけないと言う気持ちの高ぶりは、自分の体が「次の干支だから撮れ!」と自然に動いたのです。今考えると実に不思議と驚かされる。
 年賀状も準備はだいたい用意できました。皆さんはどうですか?12月の日々は大変早く、「あっ」と言う間に年越し「大晦日」そして「元旦」となります。一日を大切に有効にに使いなさいと、若い従業員には口がすっぱくなる程いってるのですが、私達よりまだまだ人生これから、とでも言いたいのか時間を無駄にしている傾向がある。私はこの時期、まして今年は、やらねばならない事、その為には年末の会社の仕事は最低「パーフェクト」にこなしての、自分の「町への恩返し」の部分の事をしています。
 昨日は会社(家)から一歩も出なかった!こんな日もあるのかなー。と一日時間に追われ、一日が過ぎていく、心地よい疲労感と、お客さまに時間を合わせての、世間話を何人とも交わした収穫の一日でした。仕事よりも何気ない会話が多いけど、またそれがイイ!
 会社は26日が仕事納めで、従業員は仕事に合わせ、個々に出社してもらう、会社・自分に都合のいい態勢づくりをしている。やはり「若い力」に助けられます。「我が町」にも今必要なのが「若い力」です。「老齢者」との共存が絶対成立しないと「安全安心、住みよい町」とは言えないでしょう!
 もっと自分の家庭からの「町づくり」を考えましょう。 
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:59 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP