FC2ブログ

2020
09/30

家飲みは続く


今週から一揆に寒さが増し
昨夜は「黒霧」のお湯割りにしました
冷蔵庫の悪くなりかけの食材で
野菜炒めを作りました
無駄は絶対にしない料理のポリシーです

昨日は「リッチー」さんに行きたいとの衝動にかられ、電話を入れて見たら出ない、「コロナ感染での夜閉店は何時まで?」ですか。

仲間も最近、みんなの顔見てないし元気なのかなー? この状態って大震災に良く似ている。昨日来社した営業は、都道府県の人口に対しての発症率は、東京に続き「2位」と話していた。現在宮城は「399人」で今日には400人を超える。彼は塩竈出身で現在「32人」となり、県内で3位と言う。「商店も街も閑散としている」と話す。怖いですよね!と

今は体調が悪くても「検査に行かない」や、濃厚接触でも検査を拒否すると言う人も多い、「家族や会社に迷惑がかかるから」と言う。このままの考えだと、今後もコロナ感染は拡大していく。私もコロナの症状とならないよう、「家飲み継続」で頑張ろうと思う。

DSC_1208.jpg
来月の12日に「南三陸町震災復興祈念公園」が全面開園する。写真の「人道橋(中橋)」の向こうに築山や祈りの丘・テラスと、防災庁舎の鉄骨姿が近くで見れる。開園すれば中橋を渡り観光客が、公園内を散策する姿が目に浮かぶ。
南三陸町への全国からの小中学校の「防災修学旅行」が、コロナ禍の中で子供達が来てくれる。県内の感染拡大の中で、感染経路もつかめない、軽度の発症者そして疑いと、色々な人達が南三陸町にも訪れている。心配は尽きない状況を思う。


DSC_1199.jpg
上の山八幡神社の大きな看板があり、志津川出身の登米市在住の看板店さんが「奉納」している。公園から「中橋」を渡ると先には、こん八幡様がある。観光客にはこの大震災で残った神社も見て貰いたい。
ここは私の大恩人の志津川高校時代の恩師の神社でもある。広い駐車場は商店街・公園に訪れた人達の駐車場しても利用されるだろう。私が生まれる前には「防災庁舎」の場所にあったが、役場隣りの場所として、第二庁舎・駐車場として、町民が利用した。今の中橋(人道橋)から築山に繋がる道路が、この場所にあたる。

昨日は歌津地区で「防災庁舎を考える会」が開催され、町外から今町に暮らす「6名」が参加した。庁舎では33名の職員が殉職し、それを含む「43人」が津波で流され死亡した。家族を亡くした人は「どう思うだろう」、ここを解体したら家族の想い出が消える。また、「見るのも嫌だ」など、多くの思いがここにはある。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:08 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP