FC2ブログ

2020
09/24

報道・PCで情報収集


こんなに仕事無くてローン払えるかなー
昨夜は残り物で「そうめん」を食べた
なんとかなるだろうと思いながら

昨日は一部の地区で「10割増し商品券」の引き替え日で、今日からは戸倉・入谷地区の週末以外の引き替えはあるものの、志津川地区には先行販売を待ちかねた町民が役場「マチドマ」に居た。
私は「何店舗が加盟したか」を知る為に午後3時過ぎに行った。今回は町民が望む、「ウジエ」「薬王道」「ダイユーエイト」と、アップルタウンの大型量販店が名を連ねる。5000円で一万の買い物ができる。総額で町民から7500万円の手出しで、1億5千万円で、町の「コロナ感染での町の消費喚起事業」を展開する。地元商店に落ちるよりも、5千万円以上は名称を上げた町外に本店がある、量販店での買い物と予想する。これが町の住民の消費行動である。今回は町内の「100店舗」は買い物場所としてチラシに紹介されている。

DSC_1175.jpg
こないだの日曜日(13日)、広島周辺の教員関係者との「リモート会議」があり、大震災とコロナ禍の中での、子供達の教育環境についての「意見交流会」を開催しました。

南三陸町となり、田生誠二教育長(宮城県小牛田出身)が津波災害で殉職し、途中の就任となった岩手出身の佐藤達朗教育長となり、そしてまた体調関係で途中辞職により、青森県出身の齋藤明教育長長が就任している。
佐藤町長となり18年間は、町内の教育者が町の教育長とはなっていないが、現齋藤教育長は地元に住居を抱える、唯一地元出身の教育長です。教員となり宮城県下で気仙沼地区の志津川教育事務所の出身の先生として、大震災の現状を良く知っている教育者と私は思っている。

大きな期待は、常に子供達に耳を傾け、議員にも丁寧に接してくれる方として、私は尊敬しその考えに共感を覚えています。頑張って下さい「齋藤教育長!」。

我が家に昨日は民宿から「広島のブドウ」が二房届きました。ありがとうございます。





スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:08 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP