FC2ブログ

2020
05/22

キッズドア


今夜のメインは「バンバンジー」
いただきまーす!
炊き立ての御飯が一番美味しい

キッズドアから活動報告が届いた。内容は団体の活動紹介と。団体の活動の一つに「こども食堂」があった。コロナ感染症でも色々な団体の「こども食堂」の窮地の報道がテレビで流されている。キッズドアも同じで、支援を会社に認める内容もあった。
震災時に色々と「戸倉剣道」の事を御世話してくださり、ネットで被災地の子供達を伝える活動への感謝もあり、会社として「こども食堂」への支援をした。なかなかどんな方法で「子供食堂」への支援と言っても、どうしたら良いが判らない中で、良いチャンスと思い行動を起こした。

震災から9年2か月を迎え、普通の生活ができ、三度三度の食事が出来ている自分の環境の中で、一人親・共稼ぎの親の家庭生活で、子供達の食事もままならないと報道は伝えていた。

200522_102639.jpg
キッズドアは私の会社が被災が最少となった、南三陸町戸倉地区の「荒町」に仮の事務所を立ち上げた時に、会社を訪れてくれた。23年7月ごろだっだろうか。

私が震災前に戸倉地区の「剣道スポ少」を指導とていた事から、団体が「戸倉地区の子供達の震災後の生活を写真で残したい」との活動依頼をしてきた。カシオのカメラを数台いただき、子供達に配布して撮影してもらったが、震災後の生活の厳しさの中で、家族も亡きくなった団員もおり、2名の子供達が、震災で移転した登米市「善王寺小学校」の、廃校となった学校で教育を始めていた。その後に南三陸町志津川小小学校での授業が始まり、一つの学校で二つの学校教育が始まった。

戸倉小学校には、義援金や物資支援が私の所に届き、戸倉学校に持って行った事を今も覚えている。全国からの支援が南三陸町にあったが、学校の教員の多忙の中で、義援の全国からの支援への対応は、授業の再会にあたり、先生方や子供達の負担になりつつあった中で、御断りをする事となった事も事実だった。





スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:09 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP