FC2ブログ

2020
05/05

知らず知らずの内に


志津川地区の海岸線にあった「松原公園」は
内陸の海抜10mはある場所に
「新松原公園」として整備されたが
公園内の遊具が寂しそうに佇んでいた
この連休には多くの観光客と
帰省の住民の遊びの場となったはずなのに

200504_110116.jpg
昔の我が家と会社の跡地の
慰霊塔の周囲に花木を植えました
以前の土地の10Mの嵩上げ地
4年を迎えても海側には赤い大地が広がる

昨日の南三陸町には意外と車が多いと感じる。商店街の店主は「今年は昨年の5分の1」と言う。世間の多くの商店がコロナ対策で「閉店」を余儀なくされている中で、志津川町内の商店は少しの賑わいが見られた。新しくオープンした店も含め、支払いや建物のローンなど、個々の問題の中で前に進もうとしていた。感染者が出ないように願うしかない。多くの道の駅がガラガラで今を過ごしている。

「まだ若い同級生の死」が今日の新聞折り込みの訃報告知に掲載されていた。63歳で今後も町の復興に共に歩む仲間だったのに。男性の平均寿命は「84歳」だったと思う。親より前に旅立つ事の無念は、本人が一番つらい。大震災でも多くの国民が体験している。何ともならない命の儚さと非情さが垣間見られた。世界・世間の混乱の「コロナ感染問題」と言う、世紀の一大事に、共に町の存続に少しの力の結集が必要だったのに、震災復興もここまで頑張ってきた、寂しいよ!(合掌)



スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:10 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP