FC2ブログ

2020
01/20

南三陸町の道の駅構想



南三陸町の道の駅構想の全貌が示された
隈研吾氏の構想図
「かっこいい!」
商店街の整備の姿は物足りない気がしていた
世界的建築家となった隈氏
形は船と言うが私には飛行機
フランスの「コンコルド」に見える

200119_184647.jpg
隈氏の設計概要説明会には、80名の町民が集まり熱心に耳を傾けていた。
商店街と「伝承館」「BRTバス志津川駅」、「震災復興祈念公園」を整備し、観光客の回遊性を固めると言う。
歌津・戸倉・入谷地区の人の流れは、整備後に確保できるかと言うと、整備についての提案が町から出されないままで、賛否は私としては微妙だ。

町は隈氏の知名度と木材を使った施設整備が、町の描く復興と、新たな産業の発展を考えている。住民生活は大きな町の維持管理経費の支出の中で、高齢者の生活環境の低下に繋がらないか心配だ。

南三陸町の住民の8割が、年収0~200万円以下の状況で、町の商店主は努力し復興に寄与しているが、町民生活は益々苦しく大変な状況になる。あと少しで私もその仲間入りです。

もっと生活弱者が住みよい町の創出をお願いしたい。



スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:06 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP