FC2ブログ

2019
11/16

生活の改革


南三陸町の病院建設には台湾からの
支援金の元に建設された
昨日は丸森町の台風被害のボランティアとして
台湾の学生12人が「泥出し」「被災わら掃除」をしていた
住民は口々に「嬉しい」「感謝しかない」と言う
南三陸町へも台湾からの「教育旅行」の
学生たちが友好の為に来町している

ボランティアが減少して居る中での、宮城県丸森町への支援は私も感謝しかない。日本との繋がりの深い国として私は見ている。知人も台湾から奥様を嫁に迎え、被災地で一緒に頑張っている。
何もできない私はテレを見て、「大変だなー!」としか、言えない。寒さが増す今後の事を考えると、自衛隊の支援もお願いしたらと思う。

191115_125743.jpg
月一の昨日の金曜日は、父のペースメーカーの循環器の検査の日で、9時30分の予約で、9時に病院に送って行った。
11時50分に終わり「迎えに来て」の電話が来た。南三陸病院の隣りの「志津川調剤」が父の処方箋のお願いしている場所ながら、50分経っても薬が出なかった。血圧の薬をはじめ多くの薬が処方され、結局、調剤にお願いしてから1時間を越え、風邪の病みあがりの父、最初に自宅に送り、改めて1時間30分後に薬が出て、私がもらいに行った。
これまでは10時に行くと、帰りは午後4時に帰る事が常だったが、最近は少し病院の改善が見られるようになった。お客さんが減ったのだろうか?



スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:03 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP