FC2ブログ

2019
11/12

また南三陸町が変化した


この風景は南三陸町民なら判る
志津川地区の「大雄寺」の脇を流れる川で
今回の台風でもその被害の爪痕があった
大震災では寺の「参道」が流失し
再建を願う声も出ている
以前は参道から行列し山門を潜り本堂が
葬儀の習慣だった 寺が近くなった

いま町内に死亡の連鎖がまた始まった。歌津・入谷・志津川と毎日のように死亡の報告チラシが入る。知っている人ではないが、御冥福を祈ります。

昨日は火葬場から旭が丘までの道路を通過した。田尻畑地区を廻ったが、大震災で倒壊した菊のビニールハウスが再建され、一部の農地は「太陽光発電」が整備されていた。この地区はまだ40代の若い農家が頑張っている。しかし、こことて人口減の中で労働者不足は町内全域にある。
会社への道のりは、平地から西団地西工区から、高台の震災前の地区「旭が丘」があり、国道398号の御前下地区に下がり、中央団地の高台の新造成地を抜け、国道45号に下がり、東団地北工区の前を通り、アリーナの今の町のメイン道路に抜ける。3回も谷山を通らないと移動はできない。
高齢者の「生活の足」の交通確保は急務であるが、巡回バスも100円から300円と料金がかかる。登米市の一律100円のように、何とか改善しないと、高齢者にとっては不便な町づくりの形でしかない。

191107_142336.jpg
上皇様から送られた
南三陸町本庁舎の「ハナミズキ」
昨夜の天皇陛下の「国民祭典」での
まさこ皇后様の涙に
感動を賜りました





スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP