FC2ブログ

2019
10/18

地球温暖化対策


地球の温暖化による海水温の上昇があり
ブラジルの熱帯雨林が地球の肺として
森林が地球の20%の呼吸をしている
南三陸町志津川の助作地区の10mの嵩上げ地に
松の苗の育成現場を見つけた
被災した大地に青々とした「小さな松苗」
地球の温暖化を防ぐ第一歩となります

191014_175513.jpg
昨日は6日ぶりに志津川海岸インターから登米インターまでを走行した。15分とやはり早い。高速の通行止めの時に一度、旧道の「水堺トンネル」を3年ぶり? に通過した。時間は10分以上も余計に係った。高速の恩恵に感謝しかないが、恩恵の及ばない地区もあり、不公平さも町には少しある。
通行止めの現場は、志津川インターの上りの追い越し車線部の、左の法面が3カ所にがけ崩れとなっていた。開通直後も何度かがけ崩れがあり、一車線が閉鎖された。今も本吉から志津川海岸インターが通行止めで、発災から10日ぐらいが復旧工事に必要と地元紙は掲載していた。場所は志津川海岸インターの下りの直ぐのトンネル付近のがけ崩れだと言う。予定の工期より期間が必要と思っている。

15日に石巻日赤から電話が来た。「賢二郎さん何かありましたか」との連絡で、この日がペースメーカーの半年ごとの検査日だったと言う。来週の月曜日21日に予約を変更した。

日々色んな事がある。今回の台風19号の冠水被害での、被災地の住民の生活が大きく変わり、これからの生活に多くの不安を抱えた姿に、3.11の何もなくなり、ライフラインの全てが失われ、日々生きる事に精一杯だった頃が思い起こされた。8年半を経過したが、住宅ローンと年金生活への不安を感じるようになった。今回被災された皆さんも同様の今後に、その不安の姿に何もできない自分がいる。まずは少しの義援金から始めたい。




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:16 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP