FC2ブログ

2019
09/13

台風15号の大被害


今週の台風15号の静岡から東京湾の上陸は、想定外の被害が発生していた。気象庁は「50年に一度の災害、命を守る行動を」と国民に発表した。
東京湾を北上した台風、翌日の報道は意外と被害は伝えられなかった。時間・日が経つにつれて神奈川・千葉周辺に甚大な被害がった。
風速50mの余りの風は、巨大な電気の鉄塔を2基なぎ倒し、房総半島への通電が切断された。今も千葉県の30万戸が停電となり不自由な生活をしている。
住宅の風被害も甚大で、住民の今後の苦悩を目にする。「どうすれば?」と。電気が無い事で水道も出ない。まさに「東日本大震災」のような状況が南房総の地区に、ライフラインの不通での混乱が今起こっている。

190912_081946.jpg
スタンドのガソリンを求める車の列、給油の自転車ポンプ、給水車への行列など、住民の不自由な生活は今日も続く。電気の「今日には」が何日も続いている。住宅再建の事を考えると大変だろう。電気の無い生活での「熱中症」で2人が亡くなった。

190912_081145.jpg
「備えあれば憂いなし」の言葉通り。対策は身を助けます。飲料水の備蓄は絶対です。ロウソクも必需品です。過去の災害から学び、供える事の大切さを学んだ欲しい。「焦らず一歩ずつ。」が、私が大災害から学んだ一つです。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:37 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP