FC2ブログ

2019
08/26

風雲急を告げる


昨日の午後3時頃の東の空に、写真のような雲が現れた。
突然の豪雨に高速の運転も安全に走行した。夏空の「ゆうだち」を思い出す。夏の気候は自然の中で、日常にバランスを取るように、一日の「御湿り」として、涼しさを人々に与えてくれる。
最近は突然の「豪雨」「突風」など、異常な気候になる。オゾン層の二酸化炭素・フロンガスなどによる破壊の現状を軽んじ、異常気象の全国での発生を生み、太平洋上の台風の過剰なまでの巨大な熱帯低気圧への連続発生へと繋がっている。今かにでも遅くは無い、対策を世界で取り組むべきと思う。

190825_083821.jpg
野山の花々に昨日は癒されました。自然の力の強さに驚いている。津波で破壊された大地で、3mの浸水地だった場所にあった「カキの木」が、大きく成長し実を付けていた。その台地には色とりどりの草花が、秋を前に咲き誇っていた。

190825_130547.jpg
夏の終わりに我が家の野菜たちが輝いている
黒豆の収穫はサヤが太ったものを収穫
ピーマンも多く獲れました
ナスと一緒に料理をしようと
近く? の道の駅に走りました

我が家の枝豆は、道の駅で買った物よりも甘く、豆も大きい。あと5回は収穫を見込んでいる。「かがり火祭り」も終わり、南三陸町の夏も終わった。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:48 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP