FC2ブログ

2019
02/13

岩手を雪中歩行20分


新幹線で岩手県「水沢江刺」に降り立つ。三角屋根の家まで少しの吹雪の中を、20分の雪中歩行。ここ金ケ崎町には15600人が暮らす。人の影は何処にもない。

石巻市で「がれき処理不正請求」で市長が給与の4月から6か月間20%の減額となった。石巻の建設会社が水増し請求により、同会社が倒産し、詐取した5740万円のうち、同社の460万円の返還により、県と国は「補助金の返還」を石巻市に求めた。
同社社長は一審二審で懲役4年となり上告が棄却された。不正請求の差引「5200万円」を、石巻市の一般財源から支出する。市長は防潮堤の整備が遅れる事で、市民に不安を与える事を懸念している。しっかり市長の考えを伝え理解をしてもらいたいと話していた。

県内の被災地には今後こうした問題が出てくる気がする。事業費の拡大から中小の建設会社は悲鳴を上げ、工事の遅延による発注者が、事故繰り越しを認めなくても工事を継続し行う事で、完成後の工事費の全納支払を目論む。東北の1000万円の企業の倒産は、先月9社と負債額も年々増えていると言う。残り復興期間は2年1か月となり、防潮堤の遅延は国が認めてくれているものの、震災発生後10年後の2年3年で終わる保証は何処にもない。

190208_093248.jpg
南三陸町の志津川中央区の商店街区画のメイン道路で、当初は中央区の商店街を計画していたが、現在は道路沿いに3軒のパーマ屋さんと、飲食店・海苔販売会社など5店舗しかない。町の造成区画へのアパート建設も、住民の理解が得られず中止となった。外国人労働者の宿泊地としての、住民の心配があった。
志津川の新井田地区の遺跡の出土や、岩盤の出土などの問題もこの土地にはあり、建設場所の予定の変更もあったと思うが、町の復興計画の予定通りの進め方で良かったのかも、今となればとうしようもない。

来月の予算議会があり、現在、一般質問を何にするか考えている。





スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:28 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP