FC2ブログ

2019
02/03

南三陸町の歌津地区の震災復興の原点


大震災で天皇皇后陛下がお立ちになり、慰霊と追悼で御頭をお下げになった。伊里前小学校の校庭にヘリで降り立ち、大震災後に南三陸町を訪れた場所、南三陸町の震災復興の祈念の場所です。歌津地区有志の建立した「碑」の前から。

天皇陛下の退位を4月末に迎え、大震災を語るに欠かせない、天皇陛下の来町と慰霊に感謝し、その場を観光地として将来に引き継ぐ事が良いのではと思う。南三陸町の住民が一つになった出来事と私は感じる。

IMG_9048.jpg
三陸道が気仙沼市小泉海岸インターまで、歌津北インターを通過し、2区間が今月16日午後3時に開通する。歌津商店街「ハマーレ歌津」の観光客の減少が心配され、目玉として「天皇皇后陛下が降り立った場所」として、震災の継承を再確認する場として、もっと大々的に知らせ、環境の整備に町が動くべきと提案したい。

1月27日のイベントには、ハマーレ歌津は志津川のイベントに比べ、来場者の少ない事を感じる。何故と分析が成されない、町の取り組みも薄い事が、冬場とは言え、対策を講じていかないといけない。

南三陸町の地域格差を、こうした面からも感じる。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:52 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP