FC2ブログ

2019
01/24

新たな商店街


昨日は同級生・仲間の「新年会」を8人が寄り合い、近況報告と御馳走で、今年も平安な穏やかな一年となるよう祈願した。

写真は志津川東団地の商店街エリアです。震災後の町づくりの中で、住民も生活の在り方を考え悩みながら、新しい生活を模索した日々でした。ベイサイドアリーナの向かいに位置し、幼稚園・コインランドリー・地区の集会所・居酒屋・商店・美容院と5店舗がここに並んだ。当初はこの倍は計画に有った気がする。
昨夜の場所は4月1日のオープンながら、知人の友達として友人の「プレオープン」開いた。地元の刺身・アナゴなどの他に、お好み焼き・トンカツ・鍋が、テーブルいっぱいに並んだ。看板は出ていないが「イーグルス」で幹事で書くと言う。宮城の楽天イーグルスのファンの集まり場所となりそうだ。

190123_154009.jpg

FBからは多くの情報を得ている。入谷「岩沢集会所」に佐藤ムネさんが、大震災後に被災地支援の活動で、音楽と歌声を今も届けていた。以前も知っていたが、会が在る事は終わった後で知る。ぜひ一度参加したいものだ。

これもFBと新聞で知ったが、アワビを知るイベントが開催され、普通に食べているアワビの事が掲載されていた。この辺のアワビは「エゾアワビ」で、海の食物連鎖がアワビの稚貝から成長の過程にあると言う。南三陸町を代表する水産物「アワビ」を今後も守っていきたい。歌津に20万個、志津川に10万個の稚貝が、昨年は放流されている。藻場・海藻の多くが育つ、ラムサール認定の「志津川湾」、環境を守り乱獲を控え計画的な形で、将来にアワビの生産を繋げていきたい。こないだは「密漁防止訓練」が志津川で開催された。宮城県でも一番のアワビ水揚げは「歌津地区」で、海の環境が外洋の海水が流入し、海底の状況が荒々しい環境で維持されている。




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:24 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP