FC2ブログ

2019
01/23

全部「ムールガイ」。

190122_184432.jpg
昨日は戸倉地区から友達が来た。彼は志津川地区のカキ剥き場で、冬場は漁民の手伝いをしている。そんな彼が牡蠣生産の付属品である「ムールガイ」を、籠いっぱいに持って来てくれた。半端ないその量ながら、剥くと写真のような殻の中に小さい貝が入っている。昨夜はその処理で夜なべをした。
私達の海は「春夏秋冬」で豊潤な海の幸に恵まれている「南三陸海岸の町」です。今は「寒ダラ」の時期で、先週末は市場で寒タラ祭りがあり、一本売りでは「2000円」と、通常価格の2割引きで販売されていた。
昨日の全国ニュースでは「タコ不足」で、関連業界の品不足で経営が大変と話していた。「タコ焼き」「タコ料理店」など、タコ好きの日本人の台所が混乱している。まだ南三陸町の「志津川タコ」は大丈夫ですので、食べに、買いに来て下さい。

190122_150643.jpg
今日の仲間との新年会と、今月末の東京の議会改革講演会の、手持ちの資金不足で、昨日は志津川農協にお金をおろしにいった。旧「福祉の里」からの志津川地区の風景は一変していた。まるっきり以前の風景とは違う姿がここに広がっていた。廻館前ののどかな町並と水田、そしてその前には八幡川の流れが静かに見えた。津波防災体制の確立に向かい、ここまで風景が変化するとは思わなかった。町の「職住分離」の生活の大改革では、しょうがない現実がここにある。

八幡川の河口右岸は、防潮堤整備があり自然のままの砂浜の維持をし、防潮堤のセットバックの計画を建設課長の説明で聴いていた。それなのに自然を見つめている町民が、FBで「ショック!」と書き込んでいた。まるで沖縄のサンゴの海の埋め立てと同化して、私の目には映った。地元の高校生が「磯調査」の場所に、河川整備の為に土砂を海中に投入した光景が広がっていた。復興と自然環境の両立の難しさがここにはあるが、対策をしないままの防災対策整備はどうだろう。自然の環境を消し無くしたら、二度とその景観と自然と生物は戻らない。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:19 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP