FC2ブログ

2019
01/17

観光の場として、海、山。


「一片の悔いも無い」と横綱「稀勢の里」(32歳)が引退した。初場所3連敗の末に自分で結論を出した。早いか、遅いかは、それぞれの判断で違う。私は遅いと感じ、その裏には横綱でいる事での「利」があると思う。そんな中で横綱「白鳳」が節目にいた事は、稀勢の里の全盛期だった気がする。偉大な経歴として歴史に残るだろう。

朝方「日テレニュース」で昨年度の観光状況が伝えられていた。日本への来日観光客は「3119万人」で、その経済効果は「4兆5千億円」だったと言う。その数字の大きさに、観光の効果の大きい実態に驚かされた。
2020年のオリンピックを始め、今年の「ワールドラグビー」と、今年も来日観光客の拡大はゆるぎない物となるだろう。南三陸町の観光名所と言えば、この雄大な海と私は思う。しかし、外国観光客の受け入れの態勢や、観光地の整備と言うと何も進んでいないのが実情だ。

IMG_8973.jpg
南三陸町の観光の拠点が志津川地区の内陸の場所となり、「震災復興祈念公園」「南三陸道の駅」と思うが、未だに全貌は見えない。2020年の8月にはオリンピックが開催され、応援が各国から来る。観光客を受け入れる場は、南三陸町には無い。ラムサールの海を見て貰う「遊覧船」「海底観光船」など、海を観光の場としている所は、だいたいが海の観光への設備として有している。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:07 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP