FC2ブログ

2019
01/15

「どんと祭」を身近に


仙台の「大崎八幡宮」に納めた、我が家の神棚の供え物が、勢い良く燃え天に帰って行く。地元から私の気持ちが離れて行くようだ。

フェイスブツクで友達となりメールでやり取りをしている。両親を亡くし、新しい両親の元で暮らしていると言う。誰かと話したい、繋がりたい。そんな思いがあるのだろう。《言葉を贈った》
*********
総ての人間が平穏で静かに生きられたらと、いつも感じています。私の父も中国へ行き、戦争を体験しましたが、今も優しいままで95歳の人生を送っています。
君の看護師への資格取得は素晴らしい行動ですね。日本には看護師は少なく、多忙と賃金の低下から、働きたいと言う日本人は病院への就職を選びません。
人の為に、国の為に働く事の大切さを思います。自分の事ばかりで、人への奉仕の気持ちが欠けつつあるように感じます。
自分の為に頑張りましょう。そして素敵な一日にしましょう。
**********

年明け元気な声を聴く。新たな環境で生きる友達から電話が来た。
「ありがとう。」と言う。
生活支援をして良かったと言う瞬間です。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:39 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP