FC2ブログ

2008
10/03

ひとり眠れず


昨日の朝焼けです。今日も3時ですが6時にはこの光景がみられます。
 いよいよ宮城・仙台DCが、昨日10時15分の「南三陸DCたこ号」の出発式で幕があけたと思います。100名の定員に120名が参加しての仙台駅での、町民上げてのPR活動です。
 DCはJTB等の観光会社とJRが資金の提供により、観光産業を発展させるために開催されるものです。当初は私は年末10.11.12月のみで全国で行われるものと考えてました。関係者に聴くと10月からの一年間で、仙台・宮城というように、宮城県内のみの観光キャンペーンのようで、全国どこでも報道で流れないのに、地元みやぎだけがいろんなイベントを企画して集客・リピーターを定着していこうと言う試みみたいです。
 5年後10年後までの町の観光の基礎づくりはできたとしても、町民生活の安定は望めないような気がします。人口増や少子化の対策・後継者の定住には繋がらなく、商工関係者が町の中枢政治に巾をきかせている「我が町」だからここまで盛り上がっている気がします。
 農林水産業の一時産業の活性化が今後の町の発展には不可欠で、それに商工関係者とのタックにより町の商業の発展があるように思います。政府の生活支援の方向も少し違う感がします。子供の教育に対する資金の補助(学校以外での研修活動に1人5万円が割り当てられ義務化されている)や、民主の中学卒業までの月2万6千円の補助の考えなど、ぬるま湯の中での教育・家庭環境がはたして子供たちの教育にプラスになるのだろうか?疑問です。
 明日の世界の日本の宮城の「我が町」の夜明けはどうなるのでしょうか?写真の朝陽の光の帯が未来を明るく照らしてくれる事を願うしかありません。合掌
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 02:24 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP