FC2ブログ

2018
06/20

心地よい寝不足 そして勝利 ドキドキのアディショナル5分


南米の雄「コスタリカ」とのワールドカップ戦、南米からの初勝利。
ゴール前でのコーナーキックからの、大迫の決勝ヘディングゴール(写真)で何とか勝った。5分のアディショナルタイムは、コスタリカの最後の猛攻に、耐えに耐えた時間だった。「篤実、日本勝ったよ!」
開始ホイッスルからわずかで、香川と乾の連携から、相手のゴールエリア内での「ハンドの反則」、無意識の内なのか腕にボールが当たった。一発退場でフリーキックは香川がワールドカップで、初ゴールをした。
形はどうあれ先取点、そして相手選手の退場で、10対9での優位での試合の様相。しかし、決して優位とは言えない戦いで、前半の1対1から、後半に1点を取り、最後のアディショナル5分間はドキドキの心地よい観戦をした。

CIMG8654.jpg
南三陸ホテル観洋でサッカーワールドカップの、「パブリックビューイング」での応援会が作日午後9時からありました。みんなで応援したいと思う方は、ぜひ参加下さい。と知人がすすめてくれました。
南三陸町でも町内で「パブリックビューイング」を設置して、町民が一丸となり日本チームを応援する等、文化交流ホールの活用をした方が良い。サッカー少年団やスポーツ大好きな青年、高齢者も一緒になり、共に心一つにして何かをする事は、復興への団結力ともなると思われる。

CIMG8656.jpg
決勝点をたたき出した大迫選手の、サッカーへの情熱は、高校時代の活躍でも、全国の高校選手から「ハンパねえ!」と言われる程ながら、日本国内の「Jリーグ」だけでは、自分の力の成長はないと、世界の強豪国であるドイツでの、リーグ戦に挑戦した。
世界屈指のドイツチームも、まさかの一回戦は敗れている。今回の世界大会のサッカーの対戦は、予想だにしない結果が沢山出ている。日本のコロンビの対戦勝利も、以外との国民の意見も多い。チームが最後まで諦める事無く、「守って攻めた」、一人一人の活躍その結果が勝利に結びついた。挑戦の気持ちを忘れる事無く、チームプレーと、その中での個人プレーを発揮して欲しい。

残念ながら昨夜の「決勝点シーン」は見る事ができなかった。でも日本のサッカーファンと共に喜びを共有した。午後11時に試合は終わっても、興奮してか2時間近くは眠れなかった。今度は20日のセネガル戦を、皆さんで応援しましょう。多くのサポーターの力が必要と、長友選手はサイヤ人の金髪ヘアーで話していた。




スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:36 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP