FC2ブログ

2018
06/13

私の戸倉地区の活性化の考えと厳しい現実


歴史的な「米朝会談」の開催された日に、南三陸町議会の6月定例会が初日を迎え、その一般質問の一番手として壇上に立った。
戸倉地区の急激な人口減と、戸倉団地の空き区画の問題があり、そんな中で陸前戸倉駅の再建の可能性と、自然環境活用センターの在り方を、佐藤仁町長に問い正した。
私の南三陸町志津川と戸倉に対する思いを語った。

一問目の結び…
●他の自治体では「復興は鉄路から」と、東松島・三陸沿岸や、福島でもその声を聴きます。
●高齢者の観光客の誘致には、鉄路は欠かせないと思います。昔ながらの、バスで多くの観光客の受け入れは厳しいと、観光で町起こしする方々は話しています。日本が高齢化社会となり、地元民なども「鉄路の復活を」との声を、今だに聞きます。町長には夢の鉄道の再建に残された復興10年の完遂の中に、将来への夢の鉄路再建の希望を、組み入れていただきたいと思います。

CIMG8164.jpg

二問目の結び…
●船による海中探索や、規模の小さな水族館、海の生き物を直接触れるなどの環境づくりを考えてみては、と町に提案します。
小さな子供たちを連れた若い夫婦が南三陸町を見に来てくれて、南三陸町戸倉地区の良さを感じて、移住へとつながれば最高と思います。提案いたしますがどうでしょう。
●ネイチャーセンターの整備に、場所の選定などの変更があるなら、
私の提案として、以前の予定場所の旧松原公園に、八幡川西側の防潮堤の整備を縮小し、土地の最低限の嵩上げをして整備をする。そして、国道45号を、堤防と道路の併用でとして、ネンチャーセンターの新築を提案します。港橋の架け替えと、高野会館の外交の整備で多くの観光客の、津波被災のジオパークとして、南三陸の海に直接触れ、津波の風化と伝承としての役目が果たせると思います。

3問目の結び…
●戸倉地区にある「南三陸・海のビジターセンター」は、国土交通省が管理をしています。「三陸復興国定公園」を全国に発信する、南三陸町を拠点としてあります。今年に開設した「石巻・川のビジターセンター」と一緒に、同じ職員が6名勤務しています。
●職員の方が話していた事に、「海のビジサターセンターなのに、施設から海が見えないのは寂しい」と話していました。また、「防潮堤の在り方を考え議論すべきでは」などの、町議会への注文も頂きました。海の良さを消してしまう事は、移住者の南三陸町への気持ちとしてマイナスとも話していました。
●南三陸町の他の地区にはない、国土交通省の施設ですので、情報発信や施設利用の予算は全て国から直結と思います。目標を年間1万人から10倍まで、町の施設との相乗効果で戸倉地区の活性化につながると思います。

(つづく)

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:29 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP