FC2ブログ

2018
05/28

悠々とそして生き生きと


仙台の印刷組合理事がお客さんを連れて来町した。一昨日前から連絡が入っていたが、昨日もあり「ごめん」と内容を聴く。
大坂からのお客さんがあり、「南三陸町に友だちを連れて行きたい。」と言う。さんさん商店街で待ち合わせた。和泉市の市議会議員のマスクマン「スペル・デルフィン」と分かりビックリ! 夕方5時頃のことだった。「語り部をお願いしたい。」の願いは無理で、さすがに数人に声掛けしたが駄目で、私が商店街から45号の橋から、南三陸町の復興の状況を説明した。
商店街の佐良スタジオさんの店の脇の震災後の風景で、当時の状況を説明した。写真と一緒の説明はわかり易いようで、津波の志津川地区を襲った流を話した。その悲劇と九死に一生の住民の状況を伝えた。脇田氏は防災庁舎の当時の状況には、興味を示し、この住民と町職員の悲劇の姿を聴き、自分の市の防災意識の向上に取り組みたいと話す。多忙な一日ながら有意義に一時だった。
脇田氏(スペル・デルフィン)は、震災後にみちのくプロレス団体の元に、仙台に被災地支援で初めに来た。閖上の仮設団地に慰問し、その時に友達の県理事の平野氏と知り合いになり、それからの御付き合いで、今も定期的に仙台に復興状況を確認に来ていると言う。個人的に政治活動は「被災者に寄り添い、元気を与えたい!」との気持ちだと語る。被災地でもこうした人達への受け皿として、支援に応える事が必要と私は思っている。防災庁舎に手を合わせる場所としては、今はここしかないと橋の上からとした。

IMG_7040.jpg

昨日は会社の3台のエアコンの清掃を、親戚の電気店に頼み、午前の10時から午後6時まで掛け、私が家を空けている中を丁寧に、工場の8年稼働の物と新築した5年間の、震災後に活躍してくれたエアコンをやつと綺麗にできた。
IMG_6903.jpg
お昼ごろには「ホヤ祭り」の賑わいをカメラに収めようと会場に行く。時間を確認しなかったので、1時半の終わり時間に何とか間に合った。目当ては「ホヤ詰め放題」で、こん時間でも行列は続いていた。大盛況だったらしくバンジョウ(籠)には、15個余りが残るだけだった。私も買い求めるつもりだったが諦めた。これからが本番で身も厚く美味しい南三陸町のホヤを、多くの人に味わってもらいたい。

180527_165452.jpg
7月の先祖のご法事の案内の配布をしながら、街中を歩いた。志津川高校下には、今年も「田んぼアート」の田植えを終えた風景を撮影した。歌津地区は国道45号の本設工事のためにう回路が完成し、どんな状況か撮影してきた。歌津伊里前市街地の復興はまだまだと感じる。南三陸町の志津川地区と歌津地区の、復興格差は歴然としていた。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:14 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP