2018
04/22

南三陸町で今が旬の問題と食べ物


つづき
(東日本大震災対策特別委員会)の請願審査にあたり署名議員の一人として、請願採択への意見発表

高野会館の震災遺構の(請願)提案に、

震災後の観光協会の臨時職員の「使い込み」があり、その責任をとり、ホテルの副社長は会長を退任しましたと聴きました。それまでホテル内の朝市で開催され、町内の水産加工会社が出店していましたが、その後、石巻の水産会社が水産品を販売する等、ホテルと町の繋がりは希薄となり、この現在の相互関係が、ホテルの要望・請願への消極的な町の体制があると思っています。
外国人客の誘致でも、町は民泊を推進し、「観光立町」と言いながらホテルとの協力関係が、外国観光客の数も把握できなく、ホテルとの観光拡大への意見の交流も無いとき聴きます。
防災庁舎の遺構を町は「県有化」とし、県への丸投げで町の財産ながら、復興祈念公園の目玉として観光交流人口拡大を描いています。
大津波で被災した防災庁舎は、海水による塩害もあり、半永久的に残る事も無く、「町に一つの震災遺構」として、危惧しています。その価値として喪失を思い、もう一つの「震災遺構」として、高野会館を確保して置くべきと思います。
これから何年か最低限度の「高野会館維持費」の町からの支援と、環境の整備が観光客の事故発生を防ぐ事ができます。自治体に一つとの「震災遺構」の枠組みから、時間と共に基準が緩和され、自治体に「二つの震災遺構」との発信となれば、多くの観光客の呼び水ともなる気がします。
長期的な観点から高野会館の維持を考え、議会で請願の内容を精査し、「請願の採択」を希望し、同僚の議員みな様にも賛成して、採択して貰えますよう、私なりの提案をいたします。
長い目で高野会館を見守って欲しいと願います。 終わります。

180415_162712.jpg
夏に向かいホヤが厚みを増し、「南三陸町の夏ホヤ」の旬がやって来た。
南三陸のホヤは震災後に、放射能の関係で「韓国輸出」が今も停止となっている。その為に過剰生産された物は、東電の風評被害で国が昨年まで買い上げていたが、今年からは買取を辞める事となったと聞く。
そんな事はよそに、ホヤのファンが年々増加している。被災地の問題解決の為に、多くの人達がホヤの販路拡大に頑張っている。
ホヤの刺身・蒸しホヤ・焼きホヤ・燻製ホヤがあり、女川のホヤ卵は絶品の風味があると感じ、女川に行くときはお土産として買い求める。
写真は町内の魚店で買った「蒸しホヤ」で、1パック350円と、この時期には格安で販売していた。
そのままでも美味しく、私は酢醤油にワサビを加え、ビールのツマミに今の最適の海の幸です。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:29 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP