2018
04/19

6か月が過ぎて


昨夜は「大盛ホイコーロ」で一杯とした。
給食センターの落成式には2個のキャベツをいただき、先週は知人と叔母が相次いで1個ずつキャベツを持って来た。新鮮採れたてと言う神奈川県の三浦半島の物です。最初の物は一個友達にあげて、後の一個は従業員にあげた。残りは冷蔵庫に半個が2つ入っている。
キャベツは足が速いのか、まだ1週間と言うのに痛み始めていた。外皮を4枚、悪い所をまた4枚と、だんだん小さくなっていった。
半分を全てホイコーロの具に入れた。柔らかくて美味しく、この量ながら「ぺろり」と食べられた。自分で作り食べる事は楽しいが、最近はおっくうになって来た。午後6時過ぎに台所に入ると料理をしたくない。どんどん冷食が溜まって行く。野菜をとらないといけない、乳製品を食べないと等、身体の状況を第一に考え食事をとっている。朝は何を食べようか。

ビールは年末年始のもらい物が今もあり、買わずに済んでいる。エビス・ビンタイプ・プレミアムがあったが、ビールが大好きになった「アサヒスーパードライ」が一番好きです。贈答品にはスーパードライをお願いします。ビールを一本飲めば「飯は食べない」としているが、昨日は食べた。体重「72.8」血糖値「170」、今日もまずまずの体調です。仕事に追われる日々が7日も続いている。気温も日に日に温かくなり、土曜日は好天でドライブ日和だ。南三陸町からの脱出です。

180418_134804.jpg
仕事で志津川低地部にしばらくぶりで行った。慰霊塔に手を合わせ、営業所の中の花を整理した。「広島の千羽鶴」が凛とユニットの中に輝いている。広島の皆さんありがとうです。6月に広島の代表が被災地支援にまだ来てくれます。今度は気仙沼市大谷のサッカー少年たちに、支援をするそうです。

「あくまでもひっそくと! おだやかに!」。永遠にここにあり続けて欲しい。「ここが私の生まれた場所です。」と、最後に帰える場所と思っている。一片の骨でもイイからここの土に帰えれたら、と遺言でも書いておこうか。そんな場所です。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP