FC2ブログ

2018
03/22

巣立ち旅立ちの春


21日春分の日、気仙沼市本吉のクリーニング店迄、ワイシャツ5枚を持って行く。目の前の南三陸海岸インターから乗り、北へ向かい歌津インターまで、出口は20台もの渋滞となっていた。この区間は知人に言わせると、「国道を通った方が良い」と話す、そのとおりかも知れない。
歌津駅から石泉を廻り小泉から本吉に出た。祝日で「グリーンロード」はがらがらながら、この日は交通事故があったと言う。車が少ないとスピード超過の輩もあるのだろう。帰りは国道45号を通ると、大型の工事車両が前方にいて、ここでも20台は連なっただろうか。春に向かい被災地の運転は気を付けて、ゆとりを持って運転して欲しい。歌津港地区も川に橋が架かり、10mにも達する道路ができていたが、これも一時の仮の橋かも知れない。(写真は小泉地区の裏街道に工事の進む高速の高架橋です。)

昨夜嬉しい連絡が入った。私の友人の娘が高校に合格した。残念ながら志津川高校でなく、気仙沼の高校だった。母は言う「通学が大変」「学校までの治安が悪い」など、こうした中学生を持つ親の意見に真剣に取り組んでいない、関係機関がある。しかし、震災復興に向かう中で、まだまだ町の生活事情は厳しい中にある。
向かいのコンビニで義理の妹の妹に会う。子供達を紹介されたが、こんなにも大きくなっていた。娘の成長には私も多くを知り感慨深い物がある。被災地の子供達の成長は単純な物ではなく、多くの我慢を強いられた生活があった。きっと強い子供達になる気がする。くじけないで、困った事があったら周囲の大人・友だちに相談して欲しい。誰かがきっとあなたの良い方向に導いてくれます。これが日本であり、平和なこの国です。世界を見渡して御覧なさい、子ども達の取り巻く環境は残酷なものです。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP