FC2ブログ

2017
12/14

多様な人に触れ


中央区の2区画でのアパート建設の議会での「補正予算」の討論に、今野議員が質問で行政の当初の入居の要綱の変更を問いただした。関連や別角度からの質問は、さすがとしか言いようがない。私が落選してから議会を若手が大きく変えていた。
4名の議員が地区民からのこの問題を聴いているものの、「高台移転(防集)」「町づくり」などの議論で、私なども質問をするつもりながら、今回の議会中はできなかった。昨日で議会も終わり、この問題がどうなるか心配だ。地区民の動きがカギながら、町は町民の不安を取り除く方向は描いていないようだ。すでに東地区は集合住宅(アパート)が、区画を確保して建設へと進み、従業員が外国人か否かがその問題の根底にもある。

夜9時を過ぎると家は真っ暗なので、事務所の玄関を小さな二つのイルミで飾った。自分の帰りを待つののは94歳の父と、真っ暗な寝室だけである。少しの酒に昨夜は6時間熟睡した。

171213_181541.jpg
地元の冬の名物魚に「どんこ(エゾアイナメ)」がある。焼いても・煮ても美味しいが、「どんこ汁」が定番として在る。魚の身も白身で淡白な味で、内臓の肝が絶品だ。大きな丼に頭つきのドンコを、丸々一匹、丼には肝から油がにじみ出て、この汁の味のイイ事、今年初めての「どんこ汁」は最高だった。
南三陸町に来たら「どんこ汁が食べられる!」かと言うと、飲食店ではあまりだしていなく、魚屋さんには新鮮などんこは売っているが、すぐには食べられない。確実に味わえるのは、町内の民宿で、「どんこ汁食べたいんですが!」と言えば、大丈夫食べられると思う。
見た目のグロテクスな姿からは想像もできないくらい、絶品の三陸の味です。民宿によっては「ドンコのたたき」の生刺身もあります。

昨日の雪も解け、南三陸町の車の運転は大丈夫のようです。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:17 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP