FC2ブログ

2008
09/16

地域差

日・月曜日の敬老会を始めて見てきました。
 日曜は志津川地区と戸倉地区での敬老会、月曜の敬老の日には歌津地区で開催され、今日は入谷地区での行われます。全町で2735人の方が満76歳になりこの日を迎えました。
 志津川地区は360余りで来賓関係者を含めると450人をこえる人で、志津川公民館はうめつくされました。文化協会の演芸でのお祝いでした。戸倉地区は240余りで全員で270人にボランティアの中学生、演技披露の保育所・小学生・付き添いの父兄を入れると500人以上が戸倉中体育館に集まりました。歌津地区は240人に関係者が150人+中学生のボランティアが40人集まり、伊里前小体育館を会場に開催されました。地区ごとの「記念写真撮影」があり、浴衣姿の中学生の配膳など町民全体でのお祝い会が全面に出ていました。
 そんな中、歌津中体育館からは「やー!トー!」の声が響いてました。歌津中剣道部の練習の声です。県下での優勝できるレベルとなり、県以外の大会にも積極的に参加、上位入賞の影には猛練習があるからこそ!!なのです。
 与党が出そうとしている、定額減税は1世帯に5万円の減税をして、苦しい家計を助ける趣旨の提案ですが、これで今後長引く不況の一時的処置で、経済は良くなるでしょうか。1兆8千億税収が減るそうです。野党も子供手当に2万6千円、1次産業への6.4兆の補助政策などを掲げていますが。財源不足の中で、省庁の埋蔵金などをあてにしていたり、無駄に出来てる「箱もの」の整理など、お金はあるみたいな発言。是非、大中小企業が活性化して、社員に給料がまわり「安定生活」がなるような思い切った「経済政策」で上向けば、消費税のパーセントが上がっても「福祉・生活保障」の維持のためなら国民も納得するはず!まずは税金の無駄づかいをなくし、埋蔵金は何かあった時の預貯金に必要だとも思います。
 小泉の「自立支援法の改正」「建築基本法の耐震」は国民の不安を増大させた。負の遺産です。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:45 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP