FC2ブログ

2017
10/15

戦車看板はお蔵入り

CIMG6338.jpg
15日の今日、午前11時から午後2時まで「展示会」をします。
「旧志津川町本浜町の三人の画家たち」の企画は、震災から一年が過ぎた頃、本浜町から誕生し、突然の津波や、脳梗塞・病気で逝去された3人の作品を見て貰いたいとの願いからです。病や障害を負っても創作活動を続け、今度の震災で絵画が流失したものの、我が社にデータと残った「絵」を、志津川地区や本浜町の住民や故人の同級生の人たちに伝えたいがある。誰かが語り継がないと、こうした素晴らしい作品も忘れ去られ、志津川で暮らし生きる力を決して諦めないとの人達の風土、こうした本浜町で暮らし生きた人を紹介したい。
偶然が偶然を呼び、私の手元にある事で、このまま会社に置く事は何の意味も無く、一人でも多くの皆さんに見て貰い、知っても貰う事で、町民・子供達の想像力や生きて行く楽しみが見つけられ、チャレンジする事へ繋がればと思っている。時間のある方は是非、ご来館頂きたい。
今日の朝6時30分から沼田地区の清掃活動があり、明日は恩人の奥様の葬儀に参加する。

171014_162027.jpg
8年前の私の歩みの形が一つ、お蔵入りし役目を終えた。町政に異論を唱える事で良い方向に進めばとの、私の8年前の活動の一つ「選挙看板」の役目が終えた。
千葉印刷が志津川で生きた「証」を伝え、皆さんと共に今後も生きてきた「志津川の歴史」が忘れられようとしている。自分の勘違いなのかを、公の場で語り文章に載る事で、町民の皆さんへ問いたい。があり、町政が間違った方向に進む事無く、正道に進む事を願っている。独り善がりと皆さんの判断・指摘で、私の道が決まってくる。6年8か月が過ぎた町のこの姿から判断して頂きたい。

≪李下に冠を正さず2≫
過剰な印刷物の発注は必要なのか。南三陸病院の赤字経営は今も続き、今後も毎月3千万もの町の負担は、高齢者の拡大に財政の枯渇に繋がる。病院の経営改善と新たな町の体制が求められる。経費を削減して住民の環境・介護の整備に支援に回すべきと私は思う。商店街への過剰な支援も、個人事業所の努力に委ね、経営が厳しい商店主への、資金援助・販売拡大への協力への、町の取り組みをしたらどうだろう。

総理・町長が「李下に冠を正さずむとは口で言っても、今後も続ける事が目に見えている。一強独裁政治が成せる「技」である。
国政では「希望の党」「立憲民主党」の新党の設立により、自公の保守一強が崩れると予想する。過半数の「233」を総理は言うが、総理継続でこれまでのアベノミクスの継続と、森友・加計問題の発覚を抑えるための、選挙で大敗してもその場に君臨しようとする策略が見える。
「10.12現在の選挙情報では、自民党は300議席を伺う勢いです」
南三陸町町政も新人3人の立候補は、町長と商工会・観光協会への不信感がある。与野党の構図は接近し、多くの議論が出来る環境が整いつつある。町長の議員取り込みに応じる議員がいると、現職の野党議員が居る。1人また一人と新らしい。「誰の為の議員」なのかを忘れた利己主義の行動と私は感じる。
「10.11町長選の対抗馬の記者会見があり選挙となる」
(おわり)

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:58 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP