FC2ブログ

2017
09/19

荒町は悲しみの中に


私の群馬から志津川に住み、大恩人の10歳年上の先輩がいる、そのお母様が亡くなられた。昨日の午後の火葬は、台風の荒天から一気に大晴天となった。
大震災後に私は戸倉地区の荒町に「臨時営業所」を開設し、それを快く承諾してくれた先輩とお母さんだった。「ガンバライよ!」と私に笑顔でいつも言葉を送ってくれたお母さん。震災から3年間お世話になり、その御蔭で今の会社があると言っても多言ではない。
荒町では17・18日と3人のご近所さんが、天命を全うして天国へ召された。荒町の電気会社の御婆さんは私が御世話になった先代社長さんの母であり、いっぱい遊んでもらい、仕事でも私の会社がこれまであるのも、先代社長があっての事だと思っている。また、私の同級生の奥様の父も逝去された。荒町の友達が私の支援で動き、廻った所がたまたま同級生の奥様の嫁いだ実家だった。「ガンバライよ!」とここでも声を掛けられた。
昨日の朝は商工団地内の自宅の隣の、水産加工会社の一個年上の社長のお母さんも亡くなった。震災前から良く知るお母さんで、父に話すと「会いたかったなー!」と寂しそうに話していた。こんなに身近な人達の御両親が一気に亡くなる事は今までは無く。我が家も父の余生を考え、生きたいように見守ろうと決意を新たにした。

志津川町内の国道は台風の影響でまた通行止めとなった。それでなくても復興工事の為に道路が次々と町中のルートが変わる。旧南三陸警察署の前の道路に当たる写真の場所は、震災後もたびたび通行止めと大雨の時にはなった。水尻川の排水量を超えると道路に雨水が逆流する。現在写真の右側に「新国道45号」が10m近い嵩上げされ工事が進む。あと半年で完成するだろう。八幡川に架かる橋の完成で、南三陸町志津川市街も整備が一気に進む事となる。

170918_132542.jpg

「安倍の、安倍による、安倍の為の解散!」が
来週には発令される。豊田議員が不祥事の記者会見を昨日おこなった。「埼玉にパワハラ議員はいらない!」と事務所前で女性達が声を上げる。埼玉の…区からの出場ながら、自民の公認は無く、別の自民候補が立つ中で当選は難しいだろう。一つの一時の異常な状態の中の発言でも、その一言で自分の人生は変わる。又、不倫・W不倫でも同じで、少しの気の緩みで自分の議員人生が終わる。そうなる前に知人・友人の指摘や言葉で、人生の危機から回避できるし、普段の行いで自然と大問題の発生を回避出来ている。私の人生でもそんな「戒めの事件」が何回かあり、問題に事件にならなくてすんでいる。

今日は10時の葬儀と、午後からは先輩の家で受付をする。同じ地区の親戚の火葬だと言う。こんな事があるんだ。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:25 】

COMMENT
POST A COMMENT


















 TOP